週刊『印刷雑誌』

週刊『印刷雑誌』2巻44号 2011年11月7日
Japan Printer weekly vol.2, no.44
毎週月曜日10時発行

週刊『印刷雑誌』は,印刷会社に限らず,印刷物を購入する人,印刷に興味がある人を対象にした無料のWebメディアです。
紙メディアである技術専門誌の月刊『印刷雑誌』(1470円)と連携し,印刷に関係した情報を中心に毎週月曜日発行します。

リンテック,印刷可能なラミネートフィルムの新製品
 リンテックは,ラベルに独特の色彩変化による視覚効果とメタリック調の風合いも備えた,光沢ラミネートフィルム「REVI」の新アイテムとして,細かい文字や図柄の視認性向上を図った印刷可能なタイプをラインナップした。11月1日から販売している。

富士ゼロックス,国内初電子書籍出版システムを発売
 富士ゼロックスは10月31日,書店および大学図書館向け電子書籍出版システムを2012年1月31日より発売すると発表した。同社のプリンタ「4112 Light Publisher」とOn Demand Books社製の製本後処理機「Espresso Book Machine」を組み合わせ,既存のPDFデータやクラウド上に格納された電子書籍データなどを必要部数,出力,製本,断裁して提供する。

グラフィック,ウェブで年賀ハガキ印刷
 グラフィックは,印刷注文からデザイン作成まで全てウェブ上でできるプリントサービス「2012年 グラフィックの年賀はがき印刷」を11月1日より始めたと発表した。自作のデザインデータを入稿・印刷できるプロユーザー向けサービスから,好みのテンプレートを元に手軽に作成できる初心者向けサービスまで,年賀はがき印刷メニューを取り揃えている。印刷は,オフセット印刷またはオンデマンド印刷。

博報堂アイ・スタジオとヤフー,住所を知らなくても年賀状発送
 博報堂アイ・スタジオとヤフーは,11月1日から住所を知らなくても紙の年賀状を送り合えるサービス「Yahoo! JAPAN年賀状」を始めた。Facebook,Twitter,メールで紙の年賀状を送れる。お年玉付き年賀はがきでの年賀状デザイン作成や宛名入力,工場での印刷から投函までをインターネット上で可能にしている。

『スティーブ・ジョブズ I・II』のiPhone,iPad向けアプリがモリサワを採用
 モリサワは11月1日,電子書籍ソリューションMCBookが,講談社発行の『スティーブ・ジョブズ I・II』のiPhone,iPad向けアプリに採用されたと発表した。

BookLive,決済方法の追加
 BookLiveは,総合電子書籍ストア「BookLive!」においてソフトバンクモバイルが提供するキャリア決済サービス「ソフトバンクまとめて支払い」を導入し,10月31日より提供を始めた。従来の決済方法であるクレジットカード・ウェブマネー・ビットキャッシュに加え,月々の携帯電話料金と合わせて支払いが可能となるキャリア決済の4種類から利用に合わせた購入方法が選択できる。

大日本印刷,中小事業所向けネット印刷通販サービスでアスクルと協業
 大日本印刷は11月2日,オフィス用品通販企業のアスクルと同社が運営するネット印刷通販事業の商業印刷分野において協業すると発表した。これにより全国の中小事業所向けに,チラシやパンフレット,ポスターなどの企画・制作などを行う総合印刷サービスを提供する。

DNPフォトルシオ,セルフ型プリントシステムがAndroid搭載スマートフォンに対応
 大日本印刷の子会社のDNPフォトルシオは11月1日,生活者が店頭で写真をプリントできるセルフ型プリントシステム「PrintRush」をAndroid搭載スマートフォンに対応させたサービスを始めた。Google社の「Androidマーケット」で,同スマートフォンから画像データを転送できる専用アプリケーションを無料配布している。一度に200画像まで転送できる。

ミマキエンジニアリング,UV硬化IJプリンタ用インクを発売
 ミマキエンジニアリングは11月4日より,LED方式UV硬化インクジェットプリンタ用インク「LF-140」と対応プライマー「PR-100」の発売を始めた。同インクはCMYK,ライトシアン,ライトマゼンタ,ホワイトを用意,従来のインクに比べて柔軟性をもたせ,後加工時のインク割れを防ぐ。また,プライマーはインクジェット方式で絵柄の必要部分にのみ自動塗布するため,素材の質感を損なわない。

コンテックス,大判スキャナ受注開始
 コンテックススキャニングテクノロジージャパンエーエスは11月2日,CCD方式スキャナ「HD ULTRAシリーズ」4機種,CIS方式スキャナ「SD36シリーズ」2機種の受注を始めた。両シリーズとも光学解像度1200dpi,B0判対応大判スキャナ「HD ULTRA4290i」は読み込み速度毎秒152.4mmで207万9000円。A0判対応大判スキャナ「SD3690+」は読み込み速度毎秒76.2mmで71万4000円。

フジテックス,大判プリンタの比較サイト
 フジテックスは,大判プリンターの比較サイト「大判プリンター比較・見積もり.jp」を公開致した。大判プリンターを,サイズやインク種類などの複数条件から検索できる
http://www.large-format-printer.jp/

沖データ,オフィス向けA3判カラーLEDプリンタ新製品
 沖データは11月2日,A3判カラーLEDプリンタ「COREFIDOシリーズ」の新製品「C841dn」(税込260,400円),「C811dn」(税込144,900円),「C811dn-T」(税込174,300円)を発表した。2012年1月より出荷を始める。同製品は送紙機構を斜めにして各種機器を筐体内に収め,外形寸法449×552×360mmで重量32kgと省スペース・軽量化を図った。またスリープモード時の消費電力を0.7W未満に抑えた。さらに利用者が自分で交換することを前提に,メンテナンス用品の5年間無償保証を始めた。

DKSHジャパン,銀塩写真LEDプリンタの代理店
 DKSHジャパンとZBE社(アメリカ)は,ZBE社の銀塩写真用LEDプリンタ「クロミラ」の日本での総代理店の契約をした。同機は,40ヵ国で500台以上が販売された。

アンテナハウス,PDF処理ソフト無償提供
 アンテナハウスは11月1日,複数のPDFファイルの結合や組み換えなどの操作がマウス操作で簡単に行えるソフト「瞬簡PDF バインダー 3」を無償配布すると発表した。上記機能の他に,PDFの作成,PDF追記機能を搭載した有償版も販売する。

東京機械製作所,三菱重工印刷紙工機械を輪転機技術で提訴
 東京機械製作所は11月4日,三菱重工印刷紙工機械に対して10月5日に訴訟を提起したと発表した。内容は,輪転機のガイドローラーに関する特許第2090241号にかかる特許権に基づく差止請求および損害賠償請求および2種以上の印刷物を並行して各別に作成可能な輪転機(プリコン機)に関する特許第3422416号にかかる特許権に基づく差止請求および損害賠償請求。

オールライト工房と金羊社,印刷関係の展示会開催
 オールライト工房と金羊社は11月5日・6日,東京・鵜の木の金羊社で印刷に関係した展示会「ミニ・印刷のいろは展」を催した。オールライト工房が活字印刷を展示・実演したほか,築地活字が活字のスタンプによるグッズ,印材社が特殊インキ,竹内紙器が貼箱などを展示や販売した。また,バナナの茎を原料にした「バナナペーパー」の紹介もあった。

デザインを支える技術を紹介
 グラフィックや家具,文具などのデザインや美術,音楽,建築作品などを集めたイベント「東京デザイナーズウィーク」が11月1日〜6日,東京・霞ヶ丘町の明治神宮外苑および東京都内の参加店舗で開かれた。東洋インキは,色見本帖を紙とiPhone向けアプリの試作品の両媒体で提案した。富士フイルムは,ガラスやシリコンなど従来不可能だった素材へのメッキ前処理技術を紹介した。また九州産業大学芸術学部は,「記憶」をテーマに新聞紙を使った作品を展示した。

ISO/TC130国内委員会,ISOの重要性のセミナー
 ISO/TC130国内委員会は10月31日,東京・神谷町の機械振興会館でISOの意義やビジネスチャンスに関する講演会を開いた。福田隆文委員長(長岡技術科学大学教授)が「標準化の意義」に関し,ネジやSuicaを例に国際規格による日本の「損失」を述べ,世界規格に関し受身でなく積極的に戦略的に参画し,日本から規格を提案した方がビジネスチャンスが増えることを詳述した。また,印刷工程管理やRGBワークフロー,色彩値測定,印刷用紙の色に関する動向と各国の動きの解説があった。

11月28日まで,ギンザ・グラフィック・ギャラリーで「イデオポリス東京」展
 東京のギンザ・グラフィック・ギャラリーは11月28日まで,米国・ニューヨークのスクール・オヴ・ヴィジュアルアーツ美術学修士課程デザインプログラムの卒業制作作品を紹介する「イデオポリス東京」展を開いている。入場無料,日曜・祝日休館。
http://www.dnp.co.jp/gallery/ggg/

11月5日〜12月25日,日本新聞博物館で「水木しげるの戦争と新聞報道」展
 「水木しげるの戦争と新聞報道」展が11月5日〜12月25日,横浜市の日本新聞博物館で開かれる。入場料は,一般・大学生500円,高校生300円,中学生以下無料,その他ファミリー料金,リピーター料金等あり。
http://newspark.jp/newspark/

11月11日,印刷技術懇談会が米国の印刷会社の勉強会
 印刷技術懇談会は11月11日,東京・弥生町の東京工芸大学芸術学部で「米国の印刷会社はソリューションプロバイダーへ」をテーマに勉強会を催す。日本印刷技術協会の相馬謙一氏が講演。参加費1000円。
http://www.ingikon.cup.com/24latest_meeting_index.htm

11月12日〜2012年2月19日,印刷博物館P&Pギャラリーで「世界のブックデザイン」展
 東京・水道にある凸版印刷の印刷博物館P&Pギャラリーは11月12日〜2012年2月19日,「世界のブックデザイン2010-11」展を開く。ドイツで開かれた「世界で最も美しい本コンクール」の入選図書14点とともに,日本・ドイツ・オランダ・スイス・中国・カナダ・オーストリアの優れたデザインの書籍を約240点紹介する。入場無料,月曜休館(2012年1月9日祝日は開館)。また,12月10日に製本ワークショップ(事前申込制,材料費前払い)を開くほか,2012年1月21日にトークショー(事前申込制,無料)も開く。
http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/111112/index.html

11月16日〜18日,ビッグサイトで計測展
 11月16日〜18日,東京ビッグサイトで「計測展2011 TOKYO」が開催される。主催は日本電気計測器工業会。
http://expo.nikkeibp.co.jp/jemima/

11月16日〜18日,幕張メッセで放送機器展
 電子情報技術産業協会は11月16日〜18日,千葉県の幕張メッセで放送機器展「Inter BEE 2011」を催す。
http://www.inter-bee.com/ja/

11月25日,日本画像学会がコンバーティングの勉強会
 日本画像学会は11月25日,東京の恵比寿カルフールで「第7回イメージングカフェ」を開く。加工技術研究会の川上幸一編集長から「知られざるコンバーティングの世界,そしてフィルム印刷の変遷とこれから」と題して話を聞く。参加は同学会個人会員のみだが,開催一週間前以降,空席がある場合のみ一般も受け付ける。参加費1000円。
http://www.isj-imaging.org/event/imagingcafe/yokoku111125.html

12月15日〜17日,環境展示会エコプロダクツ
 12月15日〜17日,有明の東京ビッグサイトで環境配慮製品や技術,活動などを紹介する展示会「エコプロダクツ」が開かれる。主催は産業環境管理協会と日本経済新聞社。入場無料,登録制。
http://eco-pro.com/eco2011/

2012年2月17日,日本印刷学会が大阪でオフセット印刷の講演会
 日本印刷学会は2012年2月17日,大阪・大国町のモリサワで「時代が求める印刷技術講習会その3」として,オフセット印刷業からのデジタル化挑戦について技術講習会を催す。インクジェット印刷機,ISOとジャパンカラー,印刷機の品質管理に関し,富士フイルムグラフィックシステムズ,東洋紙業,三菱重工印刷紙工機械の担当者が講演する。参加費は,会員4,000円,非会員7,000円。
http://www.jspst.org/event/120217.html

2012年2月9日〜12日,横浜でカメラと写真映像の総合イベント
 カメラ映像機器工業会は2012年2月9日〜12日,パシフィコ横浜でカメラと写真映像の総合イベント「CP+(シーピープラス)2012」を開催する。
http://www.cpplus.jp/

※本誌(週刊『印刷雑誌』)の会員(無料)になられた方には,毎週発行と同時に,メールでご案内させていただきます。ご希望の方は,下記メールアドレスへ「週刊『印刷雑誌』会員希望」とメールしてください。
shukan@japanprinter.co.jp

週刊『印刷雑誌』2巻44号
2011年11月7日発行
編集兼発行人:中村幹
発行所:株式会社印刷学会出版部

 

go home

(C)2010 Insatsu Gakkai Shuppanbu Ltd.
All rights reserved.