週刊『印刷雑誌』



週刊『印刷雑誌』 4巻8号 2013年2月25日 
Japan Printer weekly Vol.4, no.8 毎週月曜日(休みの場合は翌日)10時発行

週刊『印刷雑誌』は,印刷会社に限らず,印刷物を購入する人,印刷に興味がある人を対象にした無料のWebメディアです。 
紙メディアである技術専門誌の月刊『印刷雑誌』(1470円)と連携し,印刷に関係した情報を中心に毎週月曜日発行します。

日本HP,A3判インクジェットプリンタ発売
 日本ヒューレット・パッカードは3月7日,ビジネス向けのA3判インクジェットプリンタ「HP Officejet 7110」を発売する。無線LANを搭載し,メールを送れるデバイスから画像やPDFなどを直接受信して出力できる。1万9950円。

システム・プランニング,35mmCOMプロッター発売
 画像情報機器のシステム設計を行うシステム・プランニングは3月より,ドイツのMICROBOX社と開発した35mmCOMプロッター「ImageCOM」を発売する。デジタルデータの真正性を確保し,100年以上保存できる。

日本オセ,カラー複合システムを発売
 日本オセは3月1日より,カラーモノクロ兼用複合システム「Océ ColorWave 550」を発売する。トナー方式とインクジェット方式の両方の印刷が可能。A1判モノクロで毎時168枚,カラーで毎時91枚出力できる。398万円。

イーストマン・コダック,インクジェットプリントシステム発売
 イーストマン・コダックは2月20日,インクジェット印刷機「Kodak Prosper 5000XLiプレス」を発売すると発表した。プリントシステムを搭載し,インラインでの色の見当合わせや,自動でプリントヘッドの位置合わせなどができる。

大日本印刷,ショールームで漫画とコラボレーション企画
 大日本印刷は3月7日まで,同社運営のショールーム「コミュニケーションプラザドットDNP」で,漫画『宇宙兄弟』の20巻発売記念キャンペーンをしている。同漫画の電子版が読めるほか,複製原画や宇宙服の展示などを行う。

図書印刷,本屋大賞の裏話を聞く
 図書印刷は2月18日,同社のWebサイト「読むナビ」で書店員が選ぶ文学賞の「本屋大賞」の内田剛理事と,大学生の対談を公開した。本屋大賞の成功の秘訣や裏話などを紹介した。

大日本印刷,フェイスブックでの企業と生活者のつながりを考察
 大日本印刷は2月22日,生活者のメディア利用と購買行動の変化を調査する「メディアバリューレポートvol.55」を発行した。他者の企業フェイスブックページでの積極的な行動に刺激され,それを見た人もいいねボタンを押すなどの活動が活発になることがわかった。

共同印刷,紙の申込書を電子化できるサービス開始
 共同印刷は2月より,二次元コードを利用して紙の申込書を電子化できるシステム「Form α」の提供を始める。二次元コードを付与した出力紙に捺印して書類とともに郵送する「オフライン版」と,データ伝送が可能な「オンライン版」の2種類がある。紙のデザインをそのまま電子フォームに転用できる。

凸版印刷,軟包装材を中心に包装事業を強化
 凸版印刷は2月22日,軟包装材を中心とした包装事業を強化すると発表した。群馬・明和町の新工場に品質管理体制を導入し,同工場で生産したハイバリア軟包材を国内や海外の食品や産業資材業界などに提供する。

凸版印刷,東京マラソンEXPOの出展ブースでO2Oシステムが採用
 凸版印刷は2月20日,2月21日〜23日に東京ビッグサイトで行われた東京マラソンEXPOのニューバランスジャパンの出展ブースに,オンラインtoオフライン販促システム「いいね!カウンター」が採用されたと発表した。フェイスブック上のいいねの数を,大型のデジタルサイネージとバッジ型の電子ペーパーサイネージにリアルタイムで表示した。

凸版印刷,NFCを活用した来店誘引のソリューションを実証実験
 凸版印刷と資生堂は3月4日まで,NFCを活用した来店誘引のソリューションを実証実験している。ICタグ付きカードを貼付したポスターを東京メトロの銀座駅と有楽町駅に掲出し,同カードを東京・銀座の資生堂美容施設SHISEIDO THE GINZA内にあるPCにかざすとプレゼントが当たる抽選に応募できる。実店舗への来店の誘引や集客方法の有効性を検証する。

コニカミノルタビジネステクノロジーズ,Android版アプリを強化
 コニカミノルタビジネステクノロジーズは2月14日,スマートフォンやタブレット端末専用アプリの機能を強化したAndroid版「PageScope Mobile」バージョン2.0を,グーグルのアプリ配信サイトで無償提供し始めた。クラウドサービスとの連携や,自社のファイルサーバーへのアクセスが可能になった。

グラパックジャパン,3月に東京ビッグサイトで店舗総合見本市に出展
 グラパックジャパンは3月5日〜8日,有明の東京ビッグサイトで開かれる商空間デザインや魅力的な店づくりを提案する店舗総合見本市「JAPAN SHOP」展に出展する。3D印刷技術を用いた空間表現を演出する装飾材やサイン,POPなどを紹介する。

トーヨーカラー,二次電池展に出展
 トーヨーカラーは2月27日〜3月1日,東京ビッグサイトで開かれる二次電池展に出展する。溶剤系正極用カーボン分散体や水性正極合材インキなどを紹介する。

リンテックサインシステム,内装用装飾シート発売
 リンテックサインシステムは,内装用高級装飾シート「パロア」に新柄16点を追加して2月20日より販売を始めた。

エプソン販売,レーシングカーコンテストの最優秀賞が決定
 エプソン販売は2月20日,エプソン・ナカジマレーシングでSUPER GTシリーズGT500クラスで戦うレーシングカーのデザインコンテストの最優秀賞が決まったと発表した。約200件の応募があり,山田梨紗子氏が選ばれた。

金羊社,印刷を楽しく体験できる展示会を催す
 金羊社は2月22日〜24日,東京・鵜の木の同社で「印刷のいろは」展を開いた。職人がインキを実際に練って特色を作る実演や,印刷・加工体験を行った。体験では果物の形を台紙にはさんでしかけを引っ張ると,果物が飛び出す「パカポン」を作れた。果物の形に香料インキを付け,活版印刷で台紙に絵を刷り,最後に抜き加工の体験ができた。

日本出版学会,八木書店の50年の歴史を聞く
 日本出版学会は2月20日,東京・神田の東京電機大学出版局で勉強会を開いた。「“八木書店”と私の50年:再版,古本,ブックオフ,インターネットとのかかわり」をテーマに八木書店の八木壮一会長が,同社の古書売買やバーゲンブック,新刊取次,Web通販,出版などの活動の歴史を紹介し,再販制度や書籍の価格低下の問題を話した。たとえば「出版社から書店への委託システムには生産の面でも大きな課題があり,出版社の意思が書店へより伝わるようにして書棚に本が出るようにすべき」という提言があった。

印刷出版フォーラム21,労使問題の洗い出しで円卓会議
 全国印刷出版産業労働組合総連合会,日本出版労働組合連合会,「印刷出版フォーラム21」円卓会議の3者は2月21日,東京・本郷の文京区民センターで「公正な産業秩序の確立を」をテーマに会議を開いた。入札制度,デジタル教科書,製本会社の廃業,取引慣習の悪例,金融円滑化法打ち切りなどの課題が出た。

日本印刷学会,総会終了
 日本印刷学会は2月22日,東京・新富の日本印刷会館で「平成25年度通常総会」を行い,各議案が滞りなく承認された。

日本印刷学会,印刷機のトラブルとメンテナンスを学ぶ
 日本印刷学会の中部支部は2月23日,愛知の名古屋国際会議場で印刷技術の講座「“実録”職場診断から見える印刷のツボ」を開いた。ハイデルベルグ・ジャパンの一柳茂樹氏と小森コーポレーションの大塚彰氏が,印刷トラブルを防ぐためのオフセット印刷機の設定やメンテナンスを解説した。この講座は4回シリーズで,第2回目は5月下旬の予定。

印刷OEM研究会,明後日に定例会
 印刷OEM研究会は2月27日,東京・鵜の木の金羊社で定例会を開く。

ローランドディー.ジー.,東京営業所が移転
 ローランドディー.ジー.は2月18日,東京営業所を移転した。新住所:〒105-0013東京都港区浜松町1-18-16住友浜松町ビル1F,電話03-5733-4410。

5月18日まで,市谷でデジタル絵本を体験する展覧会
 大日本印刷は5月18日まで,東京・市谷の同社でデジタル絵本を体験する「tap*rapへんしん展」を開いている。想像力を育む知育トレーニング向けデジタル絵本を大型スクリーンで遊べるほか,国内外のデジタル絵本も揃えている。布や毛糸で動物の顔を作ったり,マグネットを使って物語を作るなど親子で楽しめるワークショップもある。ワークショップはWebで事前予約が必要。入場無料,日曜・年末年始休館。
http://www.dnp.co.jp/dotdnp/floor/digital.html#touch

2月27日・28日,ホテルニューオータニでICTイベント
 日経BP社は2月27日・28日,東京・紀尾井町のホテルニューオータニでクラウド,ビッグデータ,スマートフォン&タブレットに関するICTイベントを開く。入場料3,000円。
http://cloud-days.jp

2月28日,CD勉強会で3D印刷の技術とビジネス
 CD勉強会は2月28日,東京・新富の日本印刷会館で勉強会を催す。「裸眼3Dと動きのある印刷物,その技術とビジネス」のテーマで,グラパックジャパンの湯本好英社長が話す。参加費1000円。問合せは,印刷学会出版部(電話03-3555-7911)。

3月1日,日本印刷学会が紙メディアのシンポジウム開催
 日本印刷学会は3月1日,東京・新富の日本印刷会館で「ボーダレス化する紙メディア」と題した講演会を行う。今回はインクジェットを出版印刷に展開した豊国印刷他デジタル印刷の話題を中心に行う。参加費は一般7,000円,会員・賛助会社・協賛団体所属員6,000円,学生・教職員・シニア3,000円。要予約。
http://www.jspst.org/event/130301.html

3月1日,品川で印刷ビジネスの最新動向と経営のセミナー
 コニカミノルタビジネスソリューションズは3月1日,東京・品川の同社でセミナーを開く。日本印刷技術協会の藤井健人氏が,page2013展での最新トレンドや,最新の調査結果から見た成功する印刷経営の共通点について考察する。参加無料,要申込,定員70人。
http://konicaminolta.jp/pr/dis_seminar

3月1日・2日,高崎で印刷機材展
 設楽印刷機材は3月1日・2日,群馬の高崎問屋街センター展示会館で印刷機材展「シタラフェア」を開く。印刷,プリプレス,製本・紙工機,印刷関連機器,同関連資材などを出展する。また「金融円滑化法案の終了とその後の対応について」,「店舗プロデューサーの繁盛店指南術」をテーマとしたメインセミナーと9つのセミナーを行う。メインセミナーは要申込。
http://www.shitara.co.jp/news/2013/012401.php

3月6日,広告市場の動向とメディア環境を探るセミナー開催
 日本印刷技術協会は3月6日,東京・和田の同協会で「広告市場の動向とスマホ時代のメディア環境」と題したセミナーを開く。2012年の日本の広告費や,広告ビジネスのメディアを取り巻く状況を解説する。1万5750円。要申込。
http://www.jagat.jp/content/view/4104/

3月6日,コンテンツビジネスのIT戦略セミナー開催
 ビジュアル・プロセッシング・ジャパンは3月6日,東京・渋谷の同社で印刷会社向けに顧客コンテンツ管理と営業提案のセミナーを開く。クロスメディア展開を支援するソリューションを紹介する。定員30人,要申込。
http://f.msgs.jp/r/c.do?1tD_3_7F_rzs

3月8日,クロスメディア総括セミナー開催
 日本印刷技術協会は3月8日,東京・和田の同協会でARやプロダクションマッピングなどのクロスメディアの技術やサービスを紹介するセミナーを開く。5000円。要申込。
http://www.jagat.jp/content/view/4096/395/

3月7日・8日,大阪でICTイベント
 日経BP社は3月7日・8日,大阪・梅田でクラウドとビッグデータに関する展示会を開く。入場料3,000円。
http://cloud-days.jp/osaka

3月13日・14日,丸の内で広告界の未来を構想する展示会
 宣伝会議は3月13日・14日,丸の内の東京国際フォーラムで広告関連の展示会「宣伝会議 AdverTimes DAYS 2013」を開く。広告ビジネスやクリエイティブ,マス広告のほかデジタルメディア,インターネットビジネスに関わるさまざまな議論を展示とセミナーで展開する。当日参加1000円,事前登録で無料。
http://www.sendenkaigi.com/event/days/index.html

3月18日〜4月16日,神田で紙の風合いを生かした紙器の展覧会開く
 竹尾は3月18日〜4月16日,東京・神田の見本帖本店で5組の紙器設計家とデザイナーが新しい箱の構造を提案する「造る箱」展を開く。紙本来の風合いを生かした質感のパッケージ用紙「気包紙」を使用する。入場無料。土日祝日休館。4月12日にトークショーも開く。要予約,3月29日締切。
http://www.takeo.co.jp/site/event/central/201303.html

3月21日,銀座でユポ印刷の勉強会
 ユポ・コーポレーションは3月21日,情報交換を目的とする「ユポ印刷情報連絡会」を開く。ユポ紙の UV印刷適性やデジタル印刷関連メディアを解説するほか,メディア・ユニバーサル・デザイン協会の阿部浩之理事が企業における同デザインの必要性について講演する。問合せは,電話03-5281-0815。

3月27日〜4月26日,銀座で「亀倉雄策賞」受賞作の展覧会
 東京・銀座のクリエイションギャラリーG8は3月27日〜4月26日,優れたグラフィックデザインと制作者を顕彰する「亀倉雄策賞」を受賞した平野敬子氏の作品展「Vision and Realization」を開く。同氏が,東京国立近代美術館の60周年事業関連で手掛けた制作物を中心に活動実績を紹介する。入場無料,日曜・祝日休館。
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/g8_exh_201303/g8_exh_201303.html

6月26日〜28日,雑貨EXPO開催
 雑貨EXPOやテーブルウェア展など6展が6月26日〜28日,東京ビッグサイトで開かれる。主催はリードエグジビションジャパン。
http://www.giftex.jp/

7月3日〜6日,東京国際ブックフェア開催
 東京国際ブックフェアが7月3日〜6日,東京ビッグサイトで開かれる。主催はリードエグジビションジャパン。入場料1200円。
http://www.bookfair.jp/

10月1日〜3日,包装材料や容器の技術展開催
 食品飲料や医薬化粧品の包装材料や容器の技術展が10月1日〜3日,東京都立産業貿易センター浜松町館で開かれる。入場無料。
http://www.jpi-expo.jp/

◇◇ PR ◇◇
株式会社印刷学会出版部では,3月14日,札幌で,「あなたの経営は正しいですか?:収益向上を考える」をテーマに本誌連載中の寶積昌彦様による講演会を予定しています。会場は,リコージャパンさんの協力のもと,同社札幌北事業所(〒060−0807札幌市北区北7条西2丁目8−1札幌北ビル14階)です。
http://www.japanprinter.co.jp/pages/seminar.html

◇◇ PR ◇◇ 
月刊『印刷雑誌』3月号好評発売中。特集「進み続けるデジタル印刷」は,出版や商業印刷に関するデジタル印刷の動向や技術を解説。講談社のインクジェット機と製本機の導入や,博伸社,光陽メディア,小林美研の取り組みも紹介します。また前号に引き続き,欧州印刷業界の環境対応動向の例としてドイツの労働環境政策を取り上げ,日本印刷産業連合会の石橋邦夫氏が考察しました。バックナンバーと合わせてご利用ください。

フェイスブックでも情報収集を! 
印刷学会出版部のフェイスブックを始めました。業界ニュースなどをタイムリーに発信いたします。どうぞご利用ください。 
http://www.facebook.com/JapanPrinter

週刊『印刷雑誌』4巻8号 
2013年2月25日発行 
編集・発行人:中村幹 
発行所:株式会社印刷学会出版部

 

go home

(C)2010 Insatsu Gakkai Shuppanbu Ltd.
All rights reserved.