週刊『印刷雑誌』



週刊『印刷雑誌』 4巻30号 2013年8月5日
Japan Printer weekly Vol.4, no.30
毎週月曜日(休みの場合は翌日)10時発行

週刊『印刷雑誌』は,印刷会社に限らず,印刷物を購入する人,印刷に興味がある人を対象にした無料のWebメディアです。
紙メディアである技術専門誌の月刊『印刷雑誌』(1470円)と連携し,印刷に関係した情報を中心に毎週月曜日発行します。

トゥ・ディファクト,書店と電子書籍ストアと連動したキャンペーン開始
 トゥ・ディファクトは8月1日,電子書籍ストア「honto」と丸善,ジュンク堂,文教堂の対象店舗と連動したキャンペーンを始めた。利用者は店舗で角川文庫の対象商品を買うと,hontoで使える電子書籍用の割引クーポンがもらえる。

◇◇ 書籍PR ◇◇
 あの,出版デジタル機構の植村八潮会長(専修大学教授)の唯一の単著。現在の電子書籍ブームへの軌跡を10年以上に渡り追い続けた記録を一冊に集約。『電子出版の構図』
 紙文化の未来はどこに向かうのか?デジタル情報化社会の奔流に立ち向かう老舗印刷屋最前線実録。『我,電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す』
 電子版『印刷雑誌』好評発売中。バックナンバーも購入できます。

リンテック,粘着フィルムを発売
 リンテックは8月1日,粘着フィルム「VENTI-LABEL」を発売した。従来品はラベルをプラスチック成形品に貼ると浮きや膨れが生じることがあったが,フィルムと粘着剤にガス透過性をもたせることで解決した。

東洋インキ,オフセットインキを価格改定
 東洋インキはオフセットインキ製品の価格を改定する。9月1日の出荷分より,枚葉インキは60円/kg,オフセット輪転インキは40円/kg値上げする。
 また東洋インキは8月1日,色覚障害者に配慮した配色パレットが作れるソフトウェア「UDingシミュレーター(Mac版)」を更新し,Webサイトで無料配布をし始めた。

◇◇ 書籍PR ◇◇
 オフセットインキの基本知識から問題解決法までをコンパクトにまとめた。現場ですぐに役立つ一冊。『印刷技術ポイントオフセットインキ編』

EIZO,電子カルテや医用画像対応モニター発売
 EIZOは8月1日,文字が主体の電子カルテや医用画像を表示できる23型のカラー液晶モニター「RadiForce MS230W」を発売した。オープン価格。

アドビシステムズ,製品群から単体のアプリを購入可能に
 アドビシステムズは8月15日,PhotoshopやIllustratorの製品群から単体のアプリケーションを購入できる「単体サブスクリプション」の提供を始める。デスクトップのアプリに新機能が追加されたさい,アプリのアップデートも自動的にできる機能などを追加した。

Quark,新製品を先行予約で割引
 Quarkは7月29日,デザイン・編集ソフトの新製品「QuarkXPress10」を先行予約で20%割引するキャンペーンを始めた。発売予定は8月中旬〜下旬。

DNPエス・ピー・テック,販促用POPツールに販売台を追加
 DNPエス・ピー・テックは7月29日,10秒程度で組み立てられる販促用POPツールの販売台タイプ「PaPaTPoPワゴン」を開発したと発表した。従来の販売台は構造が複雑で組み立てに時間がかかっていたが,構造を見直しゴムを活用してワンタッチで組み立てられるようになった。

石田大成社,デジタルサイネージレンタル事業に注力
 石田大成社は8月,デジタルサイネージのレンタル事業に力を入れており,専用のWebサイトを開設した。6種類の製品を揃え,事前の動作検証にも対応する。放映するコンテンツの制作や配信管理も行う。

大日本印刷,ポイントサービスの導入を支援するサービス開始
 大日本印刷は7月31日,顧客や購買情報の管理や活用を行うポイント管理システム「POINT TACTiX」から,ポイントや会員管理などの基本機能を抽出したASPサービスの提供を始めた。会員が数千〜30万人規模のサービスを対象にし,最短1ヵ月から導入できる。

リビジェン,セルフ型のスマートフォン用調査アプリを提供開始
 ITソリューションやアプリのサービスを行うリビジェンは7月29日,スマートフォンで市場調査ができるアプリ「Smart Survey」の提供を始めた。従来のWeb調査はPCが主流で主婦に偏りがちであったが,スマホでのアンケートに特化したため10〜20歳代を中心に調査できるようになった。アンケートの配信から回収までが最短数十分で可能。

凸版印刷,冷凍食品向けに蒸気が抜けるパッケージを開発
 凸版印刷は8月上旬,冷凍・チルド食品向けの蒸気抜きパッケージを発売する。レーザー加工で空けた微細な孔がパッケージ内の蒸気を逃がすため,そのまま電子レンジで調理できる。蒸気によるやけどや水分の吹きこぼれを防ぐ。

大日本印刷,食品表示のあり方を調査
 大日本印刷は8月8日まで,ラベルバンクと共同で商品の生産過程や食材の産地,健康への効用などの情報を提供し,利用者が望む食品表示のあり方を調べる実証実験を行っている。利用者は対象商品の食品容器にある2次元コードをスマートフォンで読み取ると商品の詳細が見られるほか,アンケートへの回答などができる。

日本写真印刷,定年後の過ごし方に男女間で差
 日本写真印刷は7月30日,同社が運営する生活者心理データベースの活用事例サイト「裏づけくんアカデミック」を更新した。60歳代の男女を対象に分析し,男性は定年後新婚時代のような夫婦生活と従来の仲間や近所付き合いをしたいと考えるが,女性は自分の好きなことをし,従来の仲間と付き合っていきたいと考えていることがわかった。

日本印刷産業連合会,印刷産業関連データ第187号を発行
 日本印刷産業連合会は7月31日,『印刷産業関連データ』第187号を発行した。2007年〜2013年5月の印刷産業や資機材業界の動向をまとめている。A4判,75ページ。年6回発行で会員1万円,非会員2万円。

小森コーポレーション,米国PRINT展に出展
 小森コーポレーションは9月8日〜12日に米国シカゴで開かれるPRINT展に出展する。菊半裁判裁寸延6色オフセット枚葉印刷機「リスロンSX29」とコニカミノルタの「bizhub PRESS C8000」によるワークフローの実演や,デジタルインクジェット枚葉印刷機を紹介する。

コンテンツワークス,フォトブックサービスの法人向け機能を提供開始
 コンテンツワークスは7月31日,同社運営のフォトブック作成サービス「Photoback」に,法人向けの請求書の末締め翌月末支払い機能を追加し提供を始めた。法人ユーザーは無料で利用でき,個人用と会社用のアカウントを分けて管理できるようになった。

ローランド ディー.ジー,市民工房のイベントに協賛
 ローランド ディー.ジーは8月1日,8月21日〜27日に神奈川・山下町の神奈川芸術劇場で開かれる世界ファブラボ代表者会議に協賛すると発表した。ファブラボとは世界50ヵ国以上に拠点があり工作機器を扱う市民工房のネットワーク。デジタル技術を活用し人々の創造性を高め,ものづくりの可能性を広げるというコンセプトが一致しているため協賛を決めた。

Quark,芸術系のアプリをApp Studioで発行
 Quarkは7月30日,ニューヨークシティの総合デザインスタジオFusionLabが開発した芸術やファッションに関するiOS向けアプリ「VIEW Magazine」が,App Studioで発行されると発表した。App StudioはHTML5を使い印刷物向けのコンテンツをiOSやKindle Fire,Android端末向けのアプリに変換できるソリューションで,QuarkXPressとInDesignで作られた両コンテンツに対応している。
 またQuarkは9月27日まで,デジタルコンテンツを出版した出版社や個人,広告主の優秀者を決めるDigital Magazine Awardsの候補者を募集している。受賞者は11月26日に発表される。

コニカミノルタBS,色から広告を学ぶ
 コニカミノルタビジネスソリューションズは8月1日,東京・品川の同社ショールームで「印刷ビジネス:領域拡大の可能性」をテーマに講演会を催した。同社からsRGBの色に近い出力やJapan Colorのシミュレーション出力が可能なプリンタの技術説明があった。また「色で変わる×色で変えられる広告効果:色で伝える×色で伝わるメッセージ」と題し,COCOLORの都外川八恵代表が配色などにより人の目を引きやすい事例を解説した。

キヤノンMJ,デジタルメディアの動向を学ぶ
 キヤノンマーケティングジャパンは8月2日,東京・港南の同社でデジタルメディアの取り組みに関するセミナーを開いた。ソーシャルエージェントの鹿島功敬氏はタブレット端末について,米国の市場が伸びている事例を挙げ,日本でも成長期の前段階に入っていると話した。ハースト婦人画報社の山中成高氏は,同社が発行する雑誌のさまざまな展開方法や技術について解説した。

ダイヤモンド倶楽部,元気と前進方法を聞く
 三菱重工製枚葉機のユーザー会のダイヤモンド倶楽部は8月2日,文京区のホテル椿山荘東京で関東甲信越会として講演会を開いた。「上司と部下の力学」と題し健康社会学者で気象予報士の河合薫氏が,晴が来ない時・場所はなく,まわりの協力者とともに元気は得られ,前に進めることを話した。

E-グラフィックス,虎ノ門にオフィスを移転
 E-グラフィックスコミュニケーションズは銀座オフィスを虎ノ門に移転し,8月19日より営業を始める。新住所は〒105-0001東京都港区虎ノ門3-2-2虎ノ門30森ビル4F,電話は03-6880-3511。

出版デジタル機構とビットウェイ,オフィス移転
 出版デジタル機構とビットウェイは8月5日から東京・錦町にオフィスを移転する。新住所は〒101-0054東京都千代田区神田錦3-20錦町トラッドスクエア10階,電話03-6837-1800。

テクノロール,関東支店・埼玉工場移転
 テクノロールは,東京・埼玉両支店を統合し,7月より関東支店・埼玉工場として,一部製品の生産も始めた。新住所:〒335-0032埼玉県戸田市美女木東2-3-6,電話048-449-7333。

ダイヤモンド倶楽部,8月6日に名古屋で,7日に札幌で地域会
 三菱重工印刷紙工機械のユーザー会であるダイヤモンド倶楽部は8月6日にメルパルクNAGOYAで地域会を催す。中小企業診断士の平野喜久氏が地震と事業継続計画について講演する。また8月7日に札幌パークホテルで地域会を催す。コンサドーレ札幌アドバイザリースタッフの曽田雄志氏が意識について講演する。

レディバードクラブ,8月29日に大阪で大会
 大日本スクリーン製造のユーザー会であるレディバードクラブは8月29日,ホテル ザ・リッツ・カールトンで近畿地区大会を開く。マーケティングコンサルタントの西川りゅうじん氏が講演する。

レディバードクラブ,10月1日に全国大会
 大日本スクリーン製造のユーザー会であるレディバードクラブは10月1日,ニューオータニ東京で全国大会を催す。東京大学名誉教授の畑村洋太郎氏による講演「失敗に学ぶ」,イオンの小玉毅氏とソフィアバンクの藤沢久美代表の対談「日本一の小売業AEONのネット戦略」,などを行う。

日本印刷技術協会,営業や企画向けの通信教育講座を開講
 日本印刷技術協会は8月より,営業や企画,マーケティング向けの通信教育講座「インパクトと共感をつかむチラシ・DM企画提案講座」を開く。受講者はチラシやDMの広告作成技術や販促物の企画提案力を学べる。

8月31日まで,大日本印刷が市谷で夏休みの親子向けワークショップを開催
 大日本印刷は8月31日まで,東京・市谷の同社ショールームで親子向けのワークショップ「夏休みの自由研究に!遊んで学べる!ドットDNP 市谷サマースクール」を開いている。写真を使った工作や,デジタル絵本や印刷などを体験できる。入館無料,一部有料。日曜休館。
http://www.dnp.co.jp/dotdnp/summer2013/index.html

9月8日まで,日本出版学会が研究発表者募集
 日本出版学会は10月26日に関西学院大学 大阪梅田キャンパスで「2013年度 秋季研究発表会」を催すが,9月8日まで研究発表者を募集している。問合せは,電話03-3313-7347。

9月30日まで,「発明大賞」候補者募集
 日本発明振興協会と日刊工業新聞社は9月30日まで,中堅・中小企業を対象に「発明大賞」の応募を受け付けている。発明大賞本賞1件,副賞100万円など。受賞者を2014年3月初旬に通知,「日刊工業新聞」紙上に発表する。表彰式は3月中旬。また4月中旬に,受賞した発明考案の発表会も開く。
http://www.jsai.org/taishou-25.html

本日〜12月5日,王子ペーパーライブラリーで紙の展覧会
 東京・銀座の王子ペーパーライブラリーは12月5日まで,段ボールや用紙を紹介する「Scramble」展を開いている。入場無料,土日祝日休館。問合せは,電話03-3563-4816。

◇◇ 書籍PR ◇◇
 本格的な電子書籍の攻勢を前に果たして紙は生き残れるのか?紙を専門に研究してきた筆者がその時々に興味を持った時事問題や社会情勢にも触れ,好評を得た月刊『印刷雑誌』の連載「わたしの印刷手帳」をまとめた一冊。『紙と印刷の文化録:記憶と書物を担うもの』

8月28日,日本画像学会がインクジェット技術の勉強会開催
 日本画像学会は8月28日,東京・大岡山の東京工業大学で勉強会を開く。ミマキエンジニアリングの池田明会長がインクジェット技術に関し講演する。参加費3500円。要申込。
http://www.isj-imaging.org/event/imagingcafe/yokoku130828.html

8月29日,出版ビジネススクールが雑誌ビジネスのセミナー
 出版ビジネススクールは8月29日,東京・神田神保町の岩波アネックスでセミナーを催す。「これからの“雑誌ビジネス”徹底研究」と題し富士山マガジンサービスの西野伸一郎社長が講演する。会費7000円。要申込。
http://skc.index.ne.jp/seminar/20130829.html

8月29日・30日,ビッグサイトでイノベーション・ジャパン
 「イノベーション・ジャパン2013:大学見本市&ビジネスマッチング」が8月29日・30日,東京ビッグサイトで開催される。主催は,科学技術振興機構,新エネルギー・産業技術総合開発機構。入場無料。
http://www.innovation-japan2013.jp/

8月30日,日本印刷学会がフレキソ印刷に関するセミナー開催
 日本印刷学会は8月30日,東京・新富の日本印刷会館でフレキソ印刷の動向に関するセミナーを開く。「クッションテープの硬度による印刷への影響」日本フレキソ技術協会(サカタインクス),ドクターブレードの選定と重要性」ガデリウス・インダストリー,「フレキソ印刷の特徴と基礎知識」富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ,「わが社のフレキソ印刷」ヨシモト印刷社の講演がある。会員7000円,学生3000円,非会員1万円。要申込。
http://www.jspst.org/event/130830.html

8月30日,日本包装技術協会が化粧品包装に関するセミナー開催
 日本包装技術協会は8月30日,東京・東新橋のスペースFS汐留で化粧品包装に関するセミナーを開く。定員120人,参加費会員1万3650円,一般1万8900円。要申込。
http://www.jpi.or.jp/saiji/seminar/2013/0830.html

9月4日〜28日,東京・銀座でクリエイティブラボ「PARTY」の展覧会
 東京のギンザ・グラフィック・ギャラリーは9月4日〜28日,「PARTY そこにいない。展」を開く。デジタル技術を活用し,ネットワーク化社会に対応したデザインを行うクリエイティブラボ「PARTY」の作品を紹介する。入場無料,日曜・祝日休館。9月5日にトークショーも行う。要予約,定員70人。
http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=1&seq=00000608

9月6日,出版ビジネススクールが著作権と出版経営に関するセミナー
 出版ビジネススクールは9月6日,東京・神田神保町の岩波アネックスでセミナーを催す。「アドバンスと著作権利用契約が出版社経営を変える」と題し太田出版の岡聡社長が講演する。会費7000円。要申込。
http://skc.index.ne.jp/seminar/20130906.html

9月12日,非木材グリーン協会がオイルパーム資源活用のセミナー
 非木材グリーン協会は9月12日,東京のTKP小伝馬町ビジネスセンターでセミナーを開く。「オイルパーム空果房パルプ工場が完成,発売開始」と「オイルパームから発生する未利用資源の活用」の講演がある。参加費は非会員2000円,会員1000円。問合せは,電話03-5643-5628。

9月20日,日本画像学会がインクジェット技術に関する研究会開催
 日本画像学会は9月20日,東京・虎ノ門の発明会館ホールでインクジェット技術に関する研究会を行う。インクジェットの現状と課題や人口骨の作製など7つの講演がある。定員260人,参加費会員6000円,非会員9000円,学生2000円。要申込。
http://www.isj-imaging.org/event/tech_seminar/2013_smr_117.html

9月21日〜12月7日,エプソンが写真のイベント
 エプソン販売は9月21日,10月5日・19日,11月30日,12月7日,名古屋,札幌,大阪,福岡,東京で写真の印刷体験やセミナーなどを行うイベントを開く。インクジェットプリンタや印刷サンプルなども展示する。
http://www.epson.jp/ec/event/photoforum/

9月26日,日本出版学会が水道橋で出版教育の研究報告会
 日本出版学会は9月26日,東京・水道橋の日本大学で研究報告会を開く。跡見学園女子大学の富川淳子教授が,「雑誌文化論の視点から出版教育を考える」をテーマに発表する。参加費は一般500円,会員無料。問合せは,蔡星慧氏へ( csh125@hotmail.com )。

9月27日,日本出版学会が水道橋で雑誌とドラッカーの研究報告会
 日本出版学会は9月27日,東京・水道橋の日本大学で研究報告会を開く。「日本における“ピーター・ドラッカー”の受容と展開:雑誌メディアを中心に」をテーマに,日本学術振興会特別研究員の牧野智和氏が発表する。参加費は無料,要申込。問合せは,電話03-3313-7347。

10月25日〜2014年2月9日,六本木でデザイン展
 東京・六本木のギャラリー21_21 DESIGN SIGHTは10月25日〜2014年2月9日,「日本のデザインミュージアム実現にむけて展」を開く。21世紀のデザインミュージアムに求められる役割を考察する。入場料は一般1000円,大学生800円,中高生500円,小学生以下無料。火曜・年末年始休館。
http://www.2121designsight.jp/program/design_museum_japan/

◇◇ PR ◇◇
月刊『印刷雑誌』8月号,発売中!特集は「労働衛生を考える」。印刷企業が実践している対策事例を紹介するほか,化学薬品の基礎知識,印刷業界団体の取り組みなどを解説します。製造業としての対応と心がけを知ることができます。

フェイスブックでも情報収集を!
印刷学会出版部のフェイスブックで,業界ニュースなどをタイムリーに発信しています。どうぞご利用ください。
http://www.facebook.com/JapanPrinter

次週,8月12日号はお休みいたします。

週刊『印刷雑誌』4巻30号
2013年8月5日発行
編集・発行人:中村幹
発行所:株式会社印刷学会出版部

 

 

go home

(C)2010 Insatsu Gakkai Shuppanbu Ltd.
All rights reserved.