週刊『印刷雑誌』



週刊『印刷雑誌』 4巻43号 2013年11月11日
Japan Printer weekly Vol.4, no.43
毎週月曜日(休みの場合は翌日)10時発行

週刊『印刷雑誌』は,印刷会社に限らず,印刷物を購入する人,印刷に興味がある人を対象にした無料のWebメディアです。
紙メディアである技術専門誌の月刊『印刷雑誌』(1470円)と連携し,印刷に関係した情報を中心に毎週月曜日発行します。

富士フイルムとハイデル,IJで提携
 富士フイルムおよび富士フイルムグローバルグラフィックシステムズと,ハイデルベルグ印刷機械(ドイツ)は11月5日,インクジェット印刷分野,とくに商業印刷,パッケージ印刷をターゲットに業務提携する基本合意を結んだと発表した。インクジェットデジタル印刷機に関して,販売面の協業と相互の技術提供を進めていく。また,次世代インクジェットデジタル印刷機に関する相互の技術提供も,今後検討していく。

小森とランダ,戦略的提携関係を強化
 小森コーポレーションと,インクジェット・オフセット印刷技術「ナノグラフィ」を発表したランダコーポレーションは11月1日,両社の戦略的提携関係の強化を発表した。小森がすべてのナノグラフィ枚葉印刷機用プラットフォームの世界的供給企業となり,一方,小森のブランドの印刷機に組み入れるこの印刷技術と専用インキをランダが小森に提供する多面的契約を結んだ。ランダは,2014年第4四半期に得意先への納入が開始される予定の「ランダS10ナノグラフィ」印刷機用の枚葉プラットフォームを小森に発注した。

凸版印刷,電子チラシサイトをリニューアル
 凸版印刷は11月7日,同社運営の電子チラシサイト「Shufoo!」をリニューアルした。アプリ起動後すぐにチラシの検索が可能になったほか,画面に指を滑らせるだけでクーポンなどが見られるようになった。

出版デジタル機構,電子書籍事業の拡大を目指す
 出版デジタル機構は11月6日,事業方針説明会を行った。今後,コンテンツ文化を発展させる方針とする。将来的に海外取次配信,データアーカイビングを利用した書誌データ管理システム,電子図書館事業への関与,書籍以外のオールジャンル配信などに取り組む。短期的には2015年までに書籍タイトル数を現在の16万5000冊から30万冊へ倍増,新販路への素早い対応,企画販促,催促配信のサービス向上に取り組むほか,ITインフラ構築による市場拡大,流通コスト削減,ファイル形式の共通化,売上管理や分析機能の追加を目指す。

◇◇ 書籍PR ◇◇
 あの,出版デジタル機構の植村八潮会長(専修大学教授)の唯一の単著。現在の電子書籍ブームへの軌跡を10年以上に渡り追い続けた記録を一冊に集約。『電子出版の構図』
 紙文化の未来はどこに向かうのか?デジタル情報化社会の奔流に立ち向かう老舗印刷屋最前線実録。『我,電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す』
 電子版『印刷雑誌』も好評発売中。バックナンバーも購入できます。

富士ゼロックス,ソフトウェア開発キット発売
 富士ゼロックスは11月5日,紙とメディアを融合するクラウドサービスの機能を搭載した,スマートフォン用アプリケーションに組み込めるソフトウェア開発キットを発売した。スマホで印刷物を撮影すると,その画像に関連する動画やWebへ誘導できる。

トッパン・フォームズとQuark,文書公開管理システムを共同開発
 トッパン・フォームズとQuarkは11月5日,文書公開管理システム「DocLAN-X/ドックラン―エニックス」を共同開発すると発表した。新旧対照表や閲覧端末に合わせた文書の自動変換機能などを搭載する。

キヤノン,業務用30型4Kディスプレイを発売
 キヤノンは2014年1月下旬,業務用30型4Kディスプレイ「DP-V3010」を発売する。RGB LEDバックライトシステムとIPS液晶パネルを採用しデジタルシネマ向けの色域表示ができる。オープン価格。

EIZO,27.0型カラー液晶モニタ発売
 EIZOは11月22日,27.0型のカラー液晶モニタ「ColorEdge CG277,ColorEdge CX271」を発売する。Adobe RGBカバー率99%のIPSパネルを採用,またバックライトに高色域LEDを搭載し従来機に比べ標準消費電力を約40%削減した。オープン価格。

キヤノン,手持ち型MRシステム発売
 キヤノンは12月中旬,現実映像と仮想世界を融合させるMRシステムの手持ち型ディスプレイ「MR ハンドヘルドディスプレイ MREAL HH-A1」とソフトウェア「MREAL Platform MP-110」を発売する。ともにオープン価格。

富士フイルム,新聞用自動現像機ロングライフ化製品発売
 富士フイルムは,従来比6倍の“処理液の大幅なロングライフ化”となる新聞用自動現像機ロングライフ化キット「ECONEX NEWS LL-6KIT」および,新聞用CTP水洗水添加剤「HN-T」を開発し,11月8日より富士フイルムグローバルグラフィックシステムズを通じて発売した。既設の自動現像機に取り付け,廃液量の削減に加え,液交換に伴う作業負荷の軽減,機械稼働率の向上も図れる。

◇◇ 書籍PR ◇◇
 リアルメディアとして長きにわたりマスメディア・文化を支え続けている新聞は,一体どのように作られるのか。取材から記事入稿、印刷、後加工までをわかりやすく解説し,専門用語には解説を加えた。『新聞製作入門』

山陽印刷,アートの力で印刷・デザインの魅力を発信
 神奈川・福浦の山陽印刷は,社内の会議室や食堂,廊下や印刷工場の柱などの空間を利用したアートギャラリーを開いている。もとは社員満足を図って2000年より始めた取り組みで,今は地域の住民や小学校などへも一般公開し,アートの楽しさや印刷の面白さを紹介している。今年は11月30日まで,彫刻家やイラストレーター,造形作家,照明作家がインキ缶や不織布などの廃材を使った作品を紹介し,ワークショップも行った。

大日本印刷,排熱リサイクルシステムを開発
 大日本印刷は11月5日,子会社ディー・エヌ・ケーと共同でドライラミネート機向け脱臭装置の排熱をリサイクルするシステムを開発したと発表した。乾燥装置のエネルギー使用量を約30%削減できる。

凸版印刷,放射性物質の吸着・減容化の実証実験
 凸版印刷は11月22日まで,ゼオライト機能紙「FS-ZEO」を使った放射性物質の吸着・減容化の実証実験を行っている。道路側溝汚泥を対象に同紙を使用した土のうの除染作業における廃棄物管理方法を検証する。

矢野経済研究所,今後も印刷通販市場は成長すると予測
 矢野経済研究所は11月7日,国内の印刷通販市場に関する調査結果を発表した。2012年度の同市場規模は489億7200万円に達し前年度比19.7%増になった。2013年度はさらに11.1%増の543億9000万円になる見込みで,2012〜2018年度までの年平均成長率を11.1%と予測している。

DNPデジタルコム,事務局業務代行サービス発売
 DNPデジタルコムは11月7日,Webキャンペーンなどの事務局業務を代行するサービスを発売した。キャンペーンサイトの構築や応募受付システムなどを提供する。また,事務局業務と応募受付サービスを申し込むと特別価格になる。

コニカミノルタ,環境活動に取り組む企業に選定
 コニカミノルタは11月6日,温室効果ガス排出量の削減および気候変動リスクの緩和に対する活動,気候変動情報開示の活動において,企業や都市の環境情報を測定や開示するCDPが優れた企業として「気候変動パフォーマンス先進企業」,「気候変動情報開示先進企業」に選んだと発表した。

竹橋Pセンター・帆風,働く幸せを聞く
 竹橋プリンティングセンターと帆風は11月6日,東京・竹橋の学士会館で合同セミナーを催した。国内シェア30%のダストレスチョークメーカーで従業員76人中57人の知的障害者を雇用する日本理化学工業の大山泰弘会長が,「知的障害者に導かれた企業経営から皆働社会実現への提言」と題し,働くという幸せ,人の役に立つという幸せ,自己実現の幸せについて経験談や知見を話した。

日本プリンティングアカデミー,刷り出し5枚の色調安定
 日本プリンティングアカデミーは11月8日,東京・小石川の同校でフォーラムを催した。刷り出し5枚目からのOK紙の実演およびインキセット性(乾燥促進性)のテストおよびノンVOC洗浄液によるアニロックスローラの洗浄実演があった。また,高感度UVと版,高感度UV用の版と湿し水,マンセル表色系を基にした色調の一定化を図る3点グレーの管理法の各説明があった。

11月14日,ハイパーギアがファイルサーバーに関するセミナー
 ハイパーギアは11月14日,東京・市ヶ谷の同社でファイルサーバーに関するセミナーを開く。定員18人,参加無料。要申込。
http://www.hypergear.com/mt/main/archives/2013/11/10_1.html

11月19日・12月3日・12月16日,リコージャパンがWindowsタブレット・Officeの活用セミナー
 リコージャパンは11月19日・12月3日・12月16日に東京の銀座営業所で「Windows8タブレット&Office365体験セミナー」を行う。WindowsXPのサポート終了に伴い,新OSへ移行中,検討中のユーザーに向けて,Windows8タブレット・Office365の業務利用を基本操作から活用方法まで体験形式で紹介する。参加費無料。定員16人(1社2人まで)。全日とも同内容。
http://www.rcc.ricoh-japan.co.jp/rcc/seminar/03-0476_20131119.html

11月22日,リコージャパンがビッグデータ管理のセミナー
 リコージャパンは11月22日,東京・日本橋のリコージャパン日本橋事業所で「グローバル時代に求められるアーカイブとは」をテーマにセミナーを行う。海外活動での訴訟リスクの対応のための戦略的な対応策として,ビッグデータ管理のシステム「ZL Unified Archive」を紹介する。入場無料,定員50人。
http://www.rcc.ricoh-japan.co.jp/rcc/seminar/03-0468_20131122.html

11月25日,リコージャパンがGoogle Apps活用セミナー
 リコージャパンは11月25日,東京・六本木のグーグル東京オフィスでセミナー「Google Appsで実現する新しいワークスタイル」を行う。クラウドソフト群を共有利用できる「Google Apps」の活用で得られる効果を紹介する。参加無料,定員80人。
http://www.rcc.ricoh-japan.co.jp/rcc/seminar/03-0470_20131125.html

11月28日,リコージャパンがサーバー移行のセミナー
 リコージャパンは11月28日,東京・晴海のリコーITソリューションズ本社事業所で「Exchange Server 2003からの移行と導入のポイント」をテーマにセミナーを行う。Windows XPやOffice 2003と同様に,マイクロソフト社のサーバーソフト「Exchange Server2003」も2014年4月にサポートが終了する。新バージョンへの移行,導入にあたり注意するポイントや,メリットなどを解説する。入場無料,定員20人。
http://www.rcc.ricoh-japan.co.jp/rcc/seminar/03-0471_20131128.html

11月28日〜12月1日,日本橋で西洋の製本と箔押しの展示と講演会
 東京の丸善・日本橋店にあるワールド・アンティーク・ブック・プラザは11月28日〜12月1日,日本で活動する西洋装丁家と箔押家のユニットの製本展示会「Edition de luxe:テクスト・挿画・ルリユールの融合が生む書物の美」を開く。入場無料。また「藤田嗣治の挿絵本と1920年代のパリの出版文化」をテーマに,京都造形芸術大学の林洋子氏の講演会も開く。参加費1500円,要申込。
http://www.yushodo.co.jp/wabp/

◇◇ 書籍PR ◇◇
 幕末明治の初期洋装本から現代のベストセラーまで,装丁家兼製本マニアの著者が,日本の近代製本史を文献と実物資料の両面から丹念に探る。『製本探索』

11月28日〜2014年1月17日,建築と土木構造物の視点から紙の魅力を提案
 竹尾は11月28日〜2014年1月17日,東京・神田の見本帖本店で「紙と構造:ハンドメイド・ストラクチュア」展を開く。新しい建築に挑戦する構造設計家と,橋梁などの土木構造物の設計をするエンジニアデザイナーが新たな紙の魅力と可能性を構造という視点から提案する。入場無料。土曜・日曜・祝日休館。12月19日に「紙で形をつくる楽しさ」をテーマにトークショーも開く。問合せは,電話03-3292-3669。

12月2日〜7日,東京・表参道で写植の展覧会
 文字道は12月2日〜7日,東京の表参道画廊+MUSEE Fで写植を紹介する「moji moji Party」展を開く。写植機や写植文字盤,それらで作った作品を展示販売する。問合せは,電話090-4963-0599,info@mojido.com

12月2日〜25日,銀座でポーランドのポスターデザイナーの展覧会
 東京のギンザ・グラフィック・ギャラリーは12月2日〜25日,「ポーランド派ポスターの草分け的存在」と称されるデザイナーのヘンリク・トマシェフスキ(1914-2005年)を紹介する「トマシェフスキ展:世界を震わす詩学」を開く。ポスター103点のほか,原画やドローイング,雑誌カバーなどを展示する。入場無料。日曜・祝日休館。2日と6日にトークショーも開く。参加無料,要予約,定員70人。
http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=1&seq=00000611

12月3日,日本出版学会が神田で新書から見る戦後出版史の研究会
 日本出版学会は12月3日,東京・神田の八木書店で研究会を開く。元光文社編集者の新海均氏が,1945年から2005年にかけて発行された同社の新書「カッパ・ブックス」について話す。参加費は一般500円,会員は無料。要申込,定員35人。問合せは,電話03-3313-7347。

12月4日,日本経済新聞社がビッグデータのセミナー
 日本経済新聞社は12月4日,東京・大手町の同社でセミナー「ビッグデータから生まれるイノベーションの可能性とは〜“統計”が拓く新たなビジネスチャンス〜」を開く。北海道大学情報基盤センターの水田正弘教授による基調講演のほか,通信関連,医薬情報関連企業の実務者によるパネル討論を予定している。入場無料,定員200人,要申込。
http://www.nikkei-nbs.com/nbs/event/131204.html    

12月21日,関東フォーム印刷工業会がISOのセミナー
 関東フォーム印刷工業会は12月21日,東京・新富の日本印刷会館でISOに関する講座を開く。定員80人,参加無料。要申込。問合せは,電話03-3551-8615。

◇◇ PR ◇◇
月刊『印刷雑誌』11月号,発売中! 特集は「書体と組版」。印刷物は「読めればいい」という人も印刷業界の中でも少なくないが,可読性を良くするために,新しい書体の開発や美しい読みやすい組版に取り組んでいる人たちが大勢いる。絵や写真と対をなして存在する文字。印刷には欠かせない要素であり,奥深い世界。

フェイスブックでも情報収集を!
印刷学会出版部のフェイスブックで,業界ニュースなどをタイムリーに発信しています。どうぞご利用ください。
http://www.facebook.com/JapanPrinter

週刊『印刷雑誌』4巻43号
2013年11月11日発行
編集・発行人:中村幹
発行所:株式会社印刷学会出版部

 

 

go home

(C)2010 Insatsu Gakkai Shuppanbu Ltd.
All rights reserved.