--印刷・出版・デザイン イベントガイド--

◆5月28日まで,千葉市美術館でウォルター・クレインの絵本展
 千葉市美術館は5月28日まで,「絵本はここから始まった−ウォルター・クレインの本の仕事」展を開いている。19世紀後半にイギリスで活躍し,現代の絵本の基礎を築いた重要な画家の一人であり,またウィリアム・モリスとともにアーツ・アンド・クラフツ運動を推進したデザイナー,ウォルター・クレインを紹介する。入場料は一般1200円,大学生700円,小中高生は無料。
http://www.ccma-net.jp/exhibition_end/2017/0405/0405.html

◆5月31日締切,帆風が学生Tシャツデザインコンテスト募集

 帆風は毎年,クリエイターを志す学生の作品を世の中に広める活動として「学生Tシャツデザインコンテスト」を開いている。5月31日まで,「TOKYO」をテーマに写真・手書きイラスト・グラフィックの作品を募集している。
https://www.vanfu.co.jp/design/t-shirt/

◆5月31日締切,帆風が年賀状のデザインコンテスト
 帆風は5月31日まで,「年賀状デザインコンテスト」の応募を受け付けている。テーマは「2018年の干支の戌(いぬ)」。受賞作品は,同社の店舗や通販サイトで販売される。
https://www.vanfu.co.jp/design/nenga/

◆6月2日まで,Tooが6都市でアドビ製品のセミナー
 Tooは次の日程と会場で,アドビ製品を紹介するセミナー「仕事効率がアップするよい話(そうだ,イラストレーターも30歳!)」を開く。Adobe Creative CloudやIllustrator,Adobe Stock,フォントなどを解説する。
 4月19日東京・虎ノ門のThe Gallery Too(定員各回80人),4月24日天神のToo福岡支店(定員30人),4月25日名古屋のクリエイティブビジネススペースコード(定員60人),5月16日TKPガーデンシティ仙台勾当台(定員50人),5月23日江戸堀のToo大阪支社(定員各回35人),6月2日札幌のACU-Y(定員70人)。すべて参加無料,事前予約制。
http://www.too.com/event/y2017/adobe_cc17/

◆6月4日まで,21_21 DESIGN SIGHTで「アスリート展」
 東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTは2月17日〜6月4日,「アスリート展」を開く。アスリートの躍動する身体を映像や写真で紹介するほか,体感型の展示を通して,身体や心理をコントロールする知覚,戦術における情報解析の先端技術,身体拡張を支えるスポーツギアなど,アスリートをかたちづくるさまざまな側面をデザインの視点から紐解く。入場料は一般1100円,大学生800円,高校生500円,中学生以下無料。火曜休館。
http://www.2121designsight.jp/program/athlete/

◆6月8日まで,キヤノンが「写真新世紀」応募受付
 
キヤノンは4月20日〜6月8日,新人写真家の発掘・育成・支援を目的とした公募展「写真新世紀」の応募を受け付ける。グランプリ受賞者には,奨励金100万円と副賞のキヤノン製品のほか,特典として次年度の受賞作品展における個展開催の権利などを授与する。応募無料。
http://global.canon/ja/newcosmos/


◆6月12日まで,日本デザインコミッティーが佐藤晃一展
 日本デザインコミッティーは5月17日〜6月12日,東京の松屋銀座にあるデザインギャラリー1953で「佐藤晃一の輪郭」展を開く。2016年5月に逝去したグラフィックデザイナーの佐藤晃一氏を偲び,同コミッティーの会員がそれぞれ印象的な同氏の作品を選んで展示する。展覧会のディレクションは佐藤卓氏。入場無料。問合せは,電話03-3561-2572。

◆6月18日まで,印刷博物館で印刷書体の展覧会

 東京・水道の印刷博物館P&Pギャラリーは3月11日〜6月18日,「印刷書体のできるまで:活字書体からデジタルフォントへ」展を開く。書き文字から活版印刷,写真植字,CTS,DTP,と変遷してきた印刷書体を,制作工程から解説し,文字の形に詰まった“読ませる”工夫を紹介する。入場無料。月曜休館。
http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/170311/index.html

◆6月20日まで,東京・日本橋で古書展
 丸善雄松堂が運営するワールド・アンティーク・ブック・プラザは5月10日〜6月20日,東京の丸善・日本橋店内の同プラザで「2017年春 古書展示即売会」を開く。ディケンズ『クリスマス・キャロル』初版や,キャロル『不思議の国のアリス』アメリカ版初版,などの貴重書,ちりめん本,挿絵本などを紹介する。入場無料。問合せは,電話070-3607-5462。

◆6月21日まで,竹尾 青山見本帖店が展覧会
 竹尾は6月21日まで,東京の青山見本帖店で同店のリニューアルオープン5周年を記念した展覧会を開いている。5月29日までは,第一線で活躍中のグラフィックデザイナーによる個展シリーズを紹介する。5月30日〜6月21日は,若手クリエイターと同社の取り組みを紹介する。入場無料。土日祝日は休館。
http://www.takeo.co.jp/news/detail/001854.html

◆6月23日まで,竹尾で2つのタイポグラフィ作品展
 
日本タイポグラフィ協会とニューヨークタイプディレクターズクラブは,東京・神田錦町の竹尾 見本帖本店で展覧会を開く。4月7日〜5月19日は「日本タイポグラフィ年鑑2017作品展」で,同協会が国内外より作品を募集した中から当年度のグランプリやベストワークを含む上位高得点作品を展示する。5月23日〜6月23日は「ニューヨークタイプディレクターズクラブ展」で,世界各国からの応募作品より選出された優秀作品が一堂に会す。入場無料。土日祝日・5月22日は休館。
 5月12日にトークショーもある。参加無料。要申込,4月20日締切。
https://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/detail/20170407.html

◆6月24日まで,ロマン・チェシレヴィチ展
 東京・銀座のギンザ・グラフィック・ギャラリーは5月15日〜6月24日,「ロマン・チェシレヴィチ 鏡像への狂気」展を開く。ポーランドを代表するグラフィックデザイナーのロマン・チェシレヴィチの作品を紹介。ポズナン国立美術館の収蔵作品から,ポスター122点,コラージュ29点,雑誌・その他グラフィック作品38点を展示する。入場無料。日曜・祝日休館。
http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=1&seq=00000701

◆7月7日まで,日本印刷カレッジが第3期社員研修の説明会
 印刷営業の研修を行う日本印刷カレッジは,第3期の新人社員研修の募集を始める。3月9・30日・4月13・27日・5月10日・6月8日・7月6日に東京で,5月12日・6月9日・7月7日に大阪で,説明会を開く。
http://npc-happy.com/place/

◆7月31日まで,「発明研究奨励金交付」候補者募集
 日本発明振興協会は7月31日まで,「第39回発明研究奨励金交付」の候補者を募集している。交付金額は原則として1件あたり100万円まで。
http://www.jsai.org/shoureikin29.html

◆2018年2月22日まで,大日本印刷が編集教室を開講

 大日本印刷は,本の魅力を伝える講座「市谷の學校」の取り組みを行っている。その一つとして日本編集制作協会と共同で5月18日〜2018年2月22日,編集に携わっている人向けの「ワンランクアップのための編集教室」を開講する。会場は東京・市ヶ谷の大日本印刷。参加費は,年間で一般2万円,同協会会員1万6000円,1講座は一般3000円,同会員2500円。要申込。
http://www.ajec.or.jp/henshukouza/

◆5月18日,日本印刷技術協会がSEOとサイト運営のセミナー
 日本印刷技術協会は5月18日,東京・中野富士見町の同協会で「モバイルファースト時代のSEOとサイト運営:デジタルメディアでの情報発信を考える」と題しセミナーを催す。参加費は,一般15,120円,会員10,800円,同協会印刷総合研究会メンバー無料,など。
https://www.jagat.or.jp/cm2017_mobileseo

◆5月23日,スターティアラボが助成金利用のセミナー
 スターティアラボは5月23日,東京・西新宿の同社で「営業マンが必ず追ってくれる見込み顧客の作り方:成功の3パターン」をテーマにセミナーを行う。Webサイトへの問い合わせ数を増やす施策を3つのパターンに分けて紹介する。参加無料。要申込,定員30人。
https://mtame.jp/seminar/2017/0523.html

◆5月23日,アドビ「顧客への感動体験」をメインテーマにフォーラム

 アドビシステムズは5月23日,東京の六本木アカデミーヒルズで「顧客への感動体験」をメインテーマに「デジタル×エクスペリエンス フォーラム2017」を開催する。特別講演「デジタル変革と組織体制」,基調講演「顧客体験とデジタルの可能性」,パネルディスカッション:先進企業の実践事例紹介「先進企業の挑戦!〜最高の顧客体験を提供するためのデジタル変革」,スペシャル対談:経営×顧客体験×脳科学「最高の顧客体験とは?〜モノより体験を売るという事」。参加費無料,要申込。
http://www.b-forum.net/event/jp737jebc/

◆5月24日,帆風がIllustratorのセミナー

 帆風は5月24日,東京・千代田区のベルサール神保町で「Photoshop の非破壊編集と進化した“コンじる”」をテーマにセミナーを行う。スイッチの鷹野雅弘氏が,直しに強いPhotoshopの非破壊編集の方法や,コンテンツに応じる(通称コンじる)機能の活用方法を解説する。参加無料。要申込,定員150人。
https://www.vanfu.co.jp/vf/seminar/186th

◆5月25日〜6月4日,21_21 DESIGN SIGHTがデザイン実験のプログラム
 東京・六本木のギャラリー21_21 DESIGN SIGHTは,教育機関や企業とともにデザインの実験的なプログラムに取り組んでいる。
 5月25・26日は,スイスのローザンヌ美術大学と多摩美術大学の学生が,モビールのプロトタイプや素材研究の成果を発表する「UGOKU: Work In Progress」展を開く。25日に討論会もある。参加無料。
 5月30日〜6月4日は,東レのストレッチテキスタイルを紹介する「ストレッチ!展 - TOREX Prime ex -」を開く。入場無料。
http://www.2121designsight.jp/program/ecal-tamabi/
http://www.2121designsight.jp/program/stretch/

◆5月26日,日本画像学会がプリンテッドエレクトロニクスの勉強会
 日本画像学会は5月26日,東京の恵比寿カルフールで勉強会を開く。「プリンテッドエレクトロニクスがつくる柔らかなIoT社会」と題し,次世代プリンテッドエレクトロニクス技術研究組合の西 眞一氏が講演する。参加費は一般2000円,学生1000円,会員1000円。
http://www.isj-imaging.org/event/imagingcafe/yokoku170526.html

◆5月26・27日,MUD教育検定
 
メディア・ユニバーサル・デザイン協会は,次の日程と場所で「メディア・ユニバーサルデザイン教育検定」を行う。2級は5月26・27日に東京の日本印刷会館で実施,受験料は5万4000円。3級は5月27日に東京の日本印刷会館で実施,受験料は一般1万6200円,学生5400円。
http://www.media-ud.org/assay/

◆5月27日,図書館総合展運営委員会が図書館のフォーラム
 
印刷教育研究会は5月27日,東京・吉祥寺の成蹊大学で「図書館総合展2017フォーラムin武蔵野」を開く。図書館業界の最新情報や複合施設として注目を集める武蔵野プレイスの設計と実践などをテーマに討論する。参加無料,要申込。
https://www.libraryfair.jp/news/5528

◆5月30日,非木材グリーン協会がバイオマスのセミナー
 非木材グリーン協会は5月30日,東京・人形町のハロー貸会議室でセミナーを開く。「植物バイオマスの木質系材料としての利用可能性」「注目されているバイオマス燃料」の講演がある。参加費は一般1000円,会員無料。
http://www.himokuzai.org/info/2017/04/28/第29回セミナー開催のご案内/

◆5月30日〜6月29日,東京・銀座で「JAGDA新人賞展」

 クリエイションギャラリーG8と日本グラフィックデザイナー協会は5月30日〜6月29日,東京・銀座の同ギャラリーで「JAGDA新人賞展2017:玉置太一・三澤遥・八木義博」を開く。今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナー(39歳以下)に贈られる同賞を受賞した3氏の作品を紹介する。入場無料。日曜・祝日休館。
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/g8_exh_201705/g8_exh_201705.html

◆5月31日,日本印刷学会がグラビア基礎講座
 日本印刷学会は5月31日,東京・新富の日本印刷会館で「グラビア研究会 第3回グラビア基礎講座:グラビア印刷,基礎からトラブル対処まで」を開く。「グラビア印刷時のフィルムの取り扱いに関する留意点」,「グラビア印刷機の基礎」,「グラビア製版の基礎(仮題)」,「グビア印刷のトラブルシューティング」,「グラビア印刷の品質検査装置の原理から」 の各講演で構成。定員80人。参加費は:日本印刷学会会員,関東グラビア協同組合会員,全国グラビア製版工業会連合会会員5000円,一般8000円。
http://www.jspst.org/event/170531.html

◆5月31日,リコージャパンが物流改善のセミナー
 
リコージャパンは5月31日,東京・築地の同社でセミナー「構内物流改善 入れない!溜めない!運ばない!」を行う。リコーインダストリーの中嶋威重氏が,部分最適ではない全体での物流最適改善に取り組んだ事例を紹介する。参加無料。定員20人,要申込。
http://www.ricoh.co.jp/event/seminar/17K085.html

◆5月31日,日本印刷技術協会が折込チラシと周辺ビジネスのセミナー
 
日本印刷技術協会は5月31日,東京・中野富士見町の同協会で「折込チラシの最新事情と周辺ビジネスの活発化」と題しセミナーを催す。参加費は,一般15,120円,会員10,800円,同協会印刷総合研究会メンバー無料,など。
https://www.jagat.or.jp/archives/35212

◆5月31日〜6月2日,幕張メッセで「イベント総合EXPO」

 5月31日〜6月2日に千葉の幕張メッセで,イベント業界向けの製品・サービスの展示会「イベント総合EXPO」が開かれる。主催はリードエグジビションジャパン。入場無料。事前登録制。
http://www.eventexpo.jp

◆5月31日から,JapanColor認証制度のセミナー

 日本印刷産業機械工業会は5月31日から9月29日まで,Japan Color認証セミナーを東京・大阪・名古屋・広島・福岡・北海道・仙台で開催する。5月15日より受付が開始されるデジタル印刷認証を中心に,Japan Color認証制度を取得するための手順について,事例を交えて解説する。また,セミナーを受講した企業は,標準印刷認証およびデジタル印刷認証において,申請から3ヶ月で取得できるように,事務局から電話およびメールでアドバイスを無料で行う「3ヶ月集中取得支援パッケージ」が利用できる。参加無料。要申込。
http://japancolor.jp/info/001266.html

◆6月4日,デジタルアーカイブとコロタイプの講演会

 「コロタイプ技術の保存と印刷文化を考える会」は6月4日,東京・南青山の根津美術館で研究会を開く。便利堂が,ガラス乾板専用の高精細スキャナーによるデジタルアーカイブと,環境に配慮したジアゾ感光剤を使用するコロタイプの技術を解説する。同社が撮影した重要文化財「法隆寺金堂壁画」のガラス原板などの展示もある。要申込。問合せは,事務局へ電話075-231-4351。

◆6月4〜10日,文字塾展「五十音 みんな極めた かんじもね」
 書体設計士・鳥海修氏が主催する文字塾の展示会「文字塾展」が“五十音 みんな極めた かんじもね”をテーマに6月4〜10日,東京・人形町ヴィジョンズで催される。6月10日はトークイベントも行う(要申込,参加費2000円)。
http://www.mojijuku.jp/20170502153.html

◆6月7日,帆風が経営のセミナー
 帆風は6月7日,東京・竹橋の学士会館で「これからは感動経営の時代 〜理念から実践までをいい会社に学ぼう〜」と題しセミナーを催す。講師は,ジャーナリストで中小企業診断士の瀬戸川礼子氏。参加無料,要申込。
https://www.vanfu.co.jp/vf/seminar/187th

◆6月7〜14日,若手クリエイターのグラフィックデザイン募集

 東京・銀座のガーディアン・ガーデンは6月7〜14日,35歳以下のクリエイターを対象に,グラフィックデザインを評価するコンテスト「1_WALL」の応募を受け付ける。グランプリ受賞者には,同ギャラリーでの個展開催の権利と個展制作費10万円,パンフレット制作の特典が贈られる。出品無料。
http://rcc.recruit.co.jp/gg/competition/1_wall/017_graphics

◆6月8・9日,日本ダイレクトメール協会がDM成功事例セミナー
 日本ダイレクトメール協会は,6月8日に博多の九州ビル大ホールで,同9日に新大阪丸ビル別館で,「DM成功事例セミナー2017」を開く。「2017年全日本DM大賞」の受賞者が,受賞作のポイントや,売上アップ・レスポンス率アップに至るまでの考え方などを解説する。参加費は税込1万6200円。
https://www.jdma.or.jp/seminar/success_list.php

◆6月8日・9月13日・11月16日,キーポイントインテリジェンスが各種セミナー
 キーポイントインテリジェンスは東京コンファレンスセンター・品川で,次のテーマでカンファレンスを予定している。6月8日,サプライ(消耗品)市場。9月13日,オフィスドキュメント技術。11月16日,プロダクションデジタル印刷・POD市場。参加費は各89,800円(税抜)。各早期割引がある。
http://www.keypointintelligence.jp/cf/cs/
http://www.keypointintelligence.jp/cf/odt/
http://www.keypointintelligence.jp/podjapan/

◆6月9日,「印刷出版フォーラム21」円卓会議開催
 全国印刷出版産業労働組合総連合会,日本出版労働組合連合会は6月9日,東京・文京区民センターで「印刷出版フォーラム21」円卓会議を開く。日本マスコミ文化情報労組会議の岩崎貞明事務局長による「共謀罪と言論出版の自由」をテーマとした報告もある。問合せは,全印総連(電話03-3818-5125)。

◆6月9日,日本出版学会が学術出版の研究会
 日本出版学会は6月9日,東京・神田の専修大学で研究会を開く。「学術出版の課題と役割:出版流通の見地から考える」をテーマに,医学書院の金原俊副社長が発表する。参加費は一般500円,学生と会員は無料。要申込,定員70人。問合せは,同学会の山崎隆広氏へメール(takahiro.yamazaki@mail.gpwu.ac.jp)。

◆6月9日・7月6日,Tooがアドビ製品の体験会
 Tooは6月9日・7月6日,東京・虎ノ門の同社でアドビシステムズ製品を体験するワークショップを行う。IllustratorとPhotoshopの使い方を解説する。各日程の内容は同じ。参加無料。事前予約制,定員8人。
http://www.too.com/event/y2017/adobe_ws17/

◆6月14日,スターティアラボがマーケティングのセミナー
 リコージャパンは6月14日,東京・西新宿の同社で「新規顧客獲得につなげるこれからの営業手法と,マーケティング部門との連携方法」をテーマにセミナーを行う。営業部門とマーケティング部門の連携に使われるツールの紹介や,見込み顧客の動向を把握する方法を紹介する。参加無料。定員30人,要申込。
https://mtame.jp/seminar/2017/0614.html

◆6月15日,日本印刷学会が大阪でUV印刷の技術セミナー
 日本印刷学会は6月15日,大阪・大国町のモリサワで「UV印刷を取り巻く最新の技術動向」をテーマにセミナーを開く。ジャパン・スリーブがLED-UVを利用した高付加価値印刷を,印写販売部が水なしUV印刷を, 富士フイルムグローバルグラフィックシステムズが高感度UV印刷対応の無処理CTP版を,T&K TOKAがUVおよび省電力UVインキを解説する。参加費は一般7000円,会員4000円。要申込。
http://www.jspst.org/event/170615.html

◆6月16日,エスコグラフィックスがセミナー
 エスコグラフィックスは,6月16日に東京・青海の同社でパッケージ製作に関するセミナーを開く。パッケージデザインの3次元化,パッケージ製作ワークフローやプリプレスのデータ加工などのソリューションを紹介する。参加無料。要申込。
http://www.esko.co.jp/seminar/2017-Q2.pdf

◆6月16日,日本印刷学会がストレッチャブル技術のシンポジウム
 日本印刷学会は6月16日,東京・六本木の富士フイルムで印刷エレクトロニクスの今後の展開としても期待されるウエラブルエレクトロニクスに関し「ストレッチャブル技術の新展開」についてシンポジウムを開く。定員70人。参加費は,会員・協賛団体会員7000円,教職員・シニア2000円,学生1000円,非会員9000円。
http://www.jspst.org/event/170616.html

◆6月16日,パウダーレスインキをテーマに勉強会
 テクノロールが主催する印刷志の会は6月16日,埼玉・北戸田の同社で勉強会を開く。T&K TOKAの遠藤伸一氏が「革命を起こしたパウダーレスインキ“ベストワン キレイナ”の最新情報」をテーマに講演する。参加費500円。定員50人。問合せは,電話048-449-7333。

◆6月19日,CD勉強会がオフセット印刷機の歴史をテーマに勉強会
 CD勉強会は6月19日,東京・吾妻橋の小森コーポレーションで勉強会を開く。「1980年以降の印刷機の歴史」と題して,小森コーポレーションの吉川武志氏が講演する。参加費1000円。要申込(6月15日締切),定員100人。
http://cd-ben.com/?p=332

◆6月20日,コニカミノルタ科学技術新興財団がシンポジウム
 
コニカミノルタ科学技術新興財団は設立50周年を記念して6月20日,東京の一橋大学でシンポジウムを開く。「ナノ物質光科学の進展」を京都大学の金光義彦教授が,「垂直磁化応用の磁気記録とスピントロニクスメモリ」を東京工業大学の中川茂樹教授が,「細胞検索エンジンによるセレンディピティの計画的創出」を東京大学の合田圭介教授が講演する。参加無料。要申込,定員200人。問合せは,電話03-6250-2120。

◆6月20・21日,横浜でPHOTO NEXT
 
写真家と写真ビジネスの展示会「PHOTO NEXT」が6月20・21日,パシフィコ横浜で開かれる。主催はプロメディアほか3団体。有料・無料の各種セミナーもあり。展示会は入場無料。
http://www.photonext.jp/

◆6月20〜22日,日本画像学会が年次大会

 日本画像学会は6月20〜22日,東京の一橋大学で年次大会「Imaging Conference JAPAN 2017」を開く。口頭またはポスターでの研究発表,講演会,ワークショップ,展示会などがある。 
http://www.isj-imaging.org/event/conference/ICJ2017/ICJ2017_info.html

◆6月22・23日,日本印刷学会が研究発表会
 日本印刷学会は6月22・23日,東京の一橋大学で「広がりゆくプリンティング技術」をテーマに研究発表会を開く。3月17日まで,印刷技術やデジタル印刷,イメージング技術に関するプロセスおよび材料などに関連した研究発表を募集している。問合せは,電話03-3551-1808。

◆6月22・23日,東京でDMマーケティングエキスパート研修会
 日本ダイレクトメール協会は6月22・23日,東京・新富の日本印刷会館で「DMマーケティングエキスパート研修会」を開く。DMマーケティングの基礎や新規獲得戦略,CRM,クロスメディアのDM活用戦略などの講義がある。全講座を受講し,修了試験に合格すると「DMマーケティングエキスパート」の資格を取得できる。参加費は税込10万8000円。
https://www.jdma.or.jp/seminar/training.php?id=31

◆6月〜2018年3月,印刷博物館で活版ワークショップ
 東京・水道の印刷博物館は,次の日程で活版印刷のワークショップを開く。「花形装飾活字の世界」6月24・25日,「なつやすみ活版歴史教室」8月26日,「版画でグリーティングカード」11月25・26日,「和文活字で年賀状」12月9・10日,「くむ・する 名刺」2018年3月3・4・10・11日。参加費は各500〜3000円。要申込。
http://www.printing-museum.org/bottega/index.html#workshop

◆6月25日,日本出版学会が京都で新聞小説の研究会

 日本出版学会は6月25日,京都・丸太町の中西印刷で研究会を開く。「渡辺霞亭と菊池幽芳——大正期大阪の大衆文化」と題し,大阪市史料調査会の相良真理子氏が講演する。中西印刷内の活版ミニ博物館の見学もある。参加費は一般500円,会員300円。問合せは立命館大学の湯浅俊彦氏へ,電話075-466-3136。

◆6月28〜30日,東京ビッグサイトでコンテンツビジネス総合展
 コンテンツビジネスの展示会「コンテンツ東京」が6月28〜30日,有明の東京ビッグサイトで開かれる。主催はリードエグジビションジャパン。「クリエイターEXPO」「グラフィックデザインEXPO」「コンテンツ配信・管理ソリューション展」など8つの展示会で構成。入場には招待券と名刺2枚が必要。
http://www.content-tokyo.jp

◆7月5〜7日,東京ビッグサイトで「販促ワールド 2017 夏」
 7月5〜7日に有明の東京ビッグサイトで,プロモーション・マーケティングの総合展「販促ワールド 2017 夏」が開かれる。「販促EXPO」「店舗販促EXPO」「営業支援EXPO」「広告宣伝EXPO」の展示会で構成。主催はリードエグジビションジャパン。入場には招待券が必要。
http://www.spex.jp/Home_summer/

◆7月6・7日,東京国際フォーラムで「ラベルフォーラムジャパン」
 ラベル&パッケージ印刷産業展「ラベルフォーラムジャパン」が7月6・7日,丸の内の東京国際フォーラムで開かれる。ラベル市場のトレンドやビジネスモデルを発信するコンファレンスや資機材展示会などで構成。主催はラベル新聞社。参加費は,コンファレンスは1日2万6000円・2日間4万5000円(6月5日までの申し込みで2日間3万6000円),展示会は1000円(事前登録で無料)。
http://www.labelforum.jp/index.html

◆7月7日,加工技術研究会がフレキシブル・デバイスのセミナー
 加工技術研究会は7月7日,東京・王子の北とぴあでセミナーを開く。「フレキシブル・デバイスの最新動向とRoll to Rollプロセスの上手な活かし方:医療・ウェアラブル・電子デバイスへの応用を目指す」をテーマに,DKNリサーチの沼倉研史氏が講演するほか,ミノグループがプレゼンテーションする。参加費は,一般3万5000円,『コンバーテック』定期購読者・関西コンバーティングものづくり研究会会員・ウェブハンドリング技術研究会会員は3万円。要申込,定員60人。
http://www.ctiweb.co.jp/seminar/rtr2017/

◆7月7日,日本印刷学会が印刷の基礎講座

 日本印刷学会は7月7日,東京・越中島のSCREENグラフィックソリューションズでセミナーを開く。「印刷の工程を通して学ぶ,分からないことはここで知ろう」と題し,印刷の各工程の技術を8人の講師が解説する。参加費は一般1万8000円,学生・教職員2000円,会員1万円。要申込。
http://www.jspst.org/event/170707.html

◆7月13・14日,日本画像学会が技術講習会
 日本画像学会は7月13・14日,すずかけ台の東京工業大学で画像技術の講習会を開く。電子写真,インクジェット,用紙,3Dプリンタ,デジタルファブリケーション,デジタル印刷,流体シミュレーション,などについて講義や実習がある。参加費は一般3万8000円,会員2万5000円,学生3000円。要申込,定員250人。問合せは,電話03-3373-9576。

◆7月30日,校正技能検定中級
 日本エディタースクールは7月30日,校正技能検定(中級)の試験を行う。問合せは,同スクール(電話03-3263-5891)。

◆8月21日〜9月5日,「ポスターグランプリ」作品募集
 愛知県・岐阜県・三重県・石川県・富山県印刷工業組合および愛知県印刷協同組合は,将来のグラフィックデザイン業界を担う学生・生徒および一般のデザイナーを対象に「ポスターグランプリ」の作品を募集する。テーマは「with」で,募集期間は8月21日〜9月5日。
http://www.ai-in-ko.or.jp/

◆9月13〜15日,東京ビッグサイトで高機能化・高付加価値化の技術展
 9月13〜15日に有明の東京ビッグサイトで,高機能化・高付加価値化の素材や資機材,加工技術を紹介する展示会「エヌプラス」が開かれる。主催はプラスチック工業技術研究会とアテックス。
http://www.n-plus.biz

◆9月22・23日,池袋で「オーダーグッズビジネスショー」
 印章や服飾プリント,文具,軽印刷などオーダーグッズビジネスの見本市「オーダーグッズビジネスショー」が9月22・23日,東京・池袋のサンシャインシティで開かれる。主催は同展実行委員会。5月19日まで出展の申し込みを受け付けている。
http://ogbs.jp

◆12月6〜8日,仙台で最新ディスプレイ技術が集まる国際会議
 最新ディスプレイ技術の国際会議「ディスプレイ国際ワークショップ」が12月6〜8日,仙台国際センターで開かれる。
http://www.idw.or.jp

◆12月7〜9日,東京ビッグサイトで「エコプロ」展

 12月7〜9日に有明の東京ビッグサイトで,「エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展」が開かれる。主催は産業環境管理協会と日本経済新聞社。入場無料。登録制。7月14日まで出展者を募集している。
http://eco-pro.com/eco2017/

◆12月13〜15日,東京ビッグサイトで半導体製造の技術展
 半導体製造の全工程の製造技術・装置・材料を紹介する展示会「SEMICON Japan」が12月13〜15日,有明の東京ビッグサイトで開かれる。主催はSEMI社。入場無料。
http://www.semiconjapan.org/jp/

◆2018年7月26〜31日,東京ビッグサイトでIGAS
 「IGAS(アイガス,国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展)」が2018年7月26〜31日,有明の東京ビッグサイトで開催される。主催は日本印刷産業機械工業会とプリプレス&デジタルプリンティング機材協議会で,2016年10月17日から出展の募集を始めた。同展の入場料は2000円,事前登録の場合は無料。展示場面積は5万1000m2,出展面積は2万4000m2の予定。また,次々回の開催は2022年の予定。問合せは,IGAS事務局(電話03-3434-2656)。