--印刷・出版・デザイン イベントガイド--

◆4月28日まで,ギンザ・グラフィック・ギャラリーがTDC展
 
ギンザ・グラフィック・ギャラリーは4月5〜28日,東京タイプディレクターズクラブが主催する「東京TDC賞」の受賞作,ノミネート作品を展示する「TDC2017」展を開く。4月8日には,五反田の大日本印刷で受賞者のプレゼンテーション・トークショーが行われる。トークショーは要事前予約。また7月4日〜8月22日,京都dddギャラリーで巡回展を行う。
http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/list.cgi?t=1

◆5月12日締切,造本装幀コンクール作品募集
 
日本書籍出版協会と日本印刷産業連合会は,出版社,デザイナー,印刷会社,製本会社の協力の下で制作された,造本技術・装幀デザインが優秀な本を表彰する「造本装幀コンクール」の作品募集を5月12日まで行っている。2016年1月1日から12月31日までに初版発行された書籍が対象。審査員は,柏木博(武蔵野美術大学名誉教授),浜田桂子(絵本作家),ミルキィ・イソベ,緒方修一,中江有里(女優・作家)。
http://www.jbpa.or.jp/pdf/documents/zohon2017-panf.pdf

◆5月19日締切,コミュニケーションデザインのアワードが応募受付
 
ユニバーサルコミュニケーションデザイン協会は5月19日まで,企業や行政が生活者に発信するさまざまな情報媒体におけるコミュニケーションデザインを表彰する「UCDAアワード」の応募を受け付けている。応募費用は対象物1点につき税抜20万円。
https://ucda.jp/wp-content/uploads/55708fd06ec4fb0e5eab0657010cec18.pdf

◆5月20日まで,クリエイションギャラリーG8で亀倉雄策賞受賞記念展
 東京・銀座のクリエイションギャラリーG8は4月4日〜5月20日,日本グラフィックデザイナー協会が主催する「第19回亀倉雄策賞」を受賞した,渡邉良重氏を紹介する「渡邉良重展“絵をつくること”」を開く。受賞作であるスイーツ専門店の一連のパッケージのほか,同氏のイラストレーションの仕事や作品を展示する。入場無料。日曜・祝日と4月29日〜5月7日は休館。
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/g8_exh_201704/g8_exh_201704.html

◆5月21日まで,東京ミッドタウン・デザインハブが10周年記念展
 
六本木の東京ミッドタウン・デザインハブは5月21日まで,設立10周年を記念した「東京デザインテン」を開いている。コウツウ,サイカイハツ,ウンソウ,デンキ,タワマン,イチバ,インサツ,カンコウ,リノベ,タコクセキ,という10の「点」に注目し,それをつなぐことで見えてくる東京の今とこれからを,展示と現地を訪問するツアーによって紹介する。入場無料。
http://designhub.jp/exhibitions/2918/

◆5月31日締切,帆風が学生Tシャツデザインコンテスト募集

 帆風は毎年,クリエイターを志す学生の作品を世の中に広める活動として「学生Tシャツデザインコンテスト」を開いている。5月31日まで,「TOKYO」をテーマに写真・手書きイラスト・グラフィックの作品を募集している。
https://www.vanfu.co.jp/design/t-shirt/

◆5月31日締切,帆風が年賀状のデザインコンテスト
 帆風は5月31日まで,「年賀状デザインコンテスト」の応募を受け付けている。テーマは「2018年の干支の戌(いぬ)」。受賞作品は,同社の店舗や通販サイトで販売される。
https://www.vanfu.co.jp/design/nenga/

◆6月2日まで,Tooが6都市でアドビ製品のセミナー
 Tooは次の日程と会場で,アドビ製品を紹介するセミナー「仕事効率がアップするよい話(そうだ,イラストレーターも30歳!)」を開く。Adobe Creative CloudやIllustrator,Adobe Stock,フォントなどを解説する。
 4月19日東京・虎ノ門のThe Gallery Too(定員各回80人),4月24日天神のToo福岡支店(定員30人),4月25日名古屋のクリエイティブビジネススペースコード(定員60人),5月16日TKPガーデンシティ仙台勾当台(定員50人),5月23日江戸堀のToo大阪支社(定員各回35人),6月2日札幌のACU-Y(定員70人)。すべて参加無料,事前予約制。
http://www.too.com/event/y2017/adobe_cc17/

◆6月4日まで,21_21 DESIGN SIGHTで「アスリート展」
 東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTは2月17日〜6月4日,「アスリート展」を開く。アスリートの躍動する身体を映像や写真で紹介するほか,体感型の展示を通して,身体や心理をコントロールする知覚,戦術における情報解析の先端技術,身体拡張を支えるスポーツギアなど,アスリートをかたちづくるさまざまな側面をデザインの視点から紐解く。入場料は一般1100円,大学生800円,高校生500円,中学生以下無料。火曜休館。
http://www.2121designsight.jp/program/athlete/

◆6月8日まで,キヤノンが「写真新世紀」応募受付
 
キヤノンは4月20日〜6月8日,新人写真家の発掘・育成・支援を目的とした公募展「写真新世紀」の応募を受け付ける。グランプリ受賞者には,奨励金100万円と副賞のキヤノン製品のほか,特典として次年度の受賞作品展における個展開催の権利などを授与する。応募無料。
http://global.canon/ja/newcosmos/


◆6月18日まで,印刷博物館で印刷書体の展覧会

 東京・水道の印刷博物館P&Pギャラリーは3月11日〜6月18日,「印刷書体のできるまで:活字書体からデジタルフォントへ」展を開く。書き文字から活版印刷,写真植字,CTS,DTP,と変遷してきた印刷書体を,制作工程から解説し,文字の形に詰まった“読ませる”工夫を紹介する。入場無料。月曜休館。
http://www.printing-museum.org/exhibition/pp/170311/index.html

◆6月23日まで,竹尾で2つのタイポグラフィ作品展
 
日本タイポグラフィ協会とニューヨークタイプディレクターズクラブは,東京・神田錦町の竹尾 見本帖本店で展覧会を開く。4月7日〜5月19日は「日本タイポグラフィ年鑑2017作品展」で,同協会が国内外より作品を募集した中から当年度のグランプリやベストワークを含む上位高得点作品を展示する。5月23日〜6月23日は「ニューヨークタイプディレクターズクラブ展」で,世界各国からの応募作品より選出された優秀作品が一堂に会す。入場無料。土日祝日・5月22日は休館。
 5月12日にトークショーもある。参加無料。要申込,4月20日締切。
https://www.takeo.co.jp/exhibition/mihoncho/detail/20170407.html

◆7月7日まで,日本印刷カレッジが第3期社員研修の説明会
 印刷営業の研修を行う日本印刷カレッジは,第3期の新人社員研修の募集を始める。3月9・30日・4月13・27日・5月10日・6月8日・7月6日に東京で,5月12日・6月9日・7月7日に大阪で,説明会を開く。
http://npc-happy.com/place/

◆4月24〜28日,東京と大阪でパッケージ展
 日本印刷産業連合会は4月24〜28日に大阪・南船場の平和紙業で,「ジャパンパッケージングコンペティション」展を開く。商品化され販売されたパッケージの優秀性を競う同コンペティションの受賞作品と入選作品を展示する。問合せは事務局のジャパンムックへ,電話03-3908-1250。

◆4月27日,スターティアラボが助成金利用のセミナー
 
スターティアラボは4月27日,東京の渋谷クロスタワーで「初めての企業にも安心!中小企業の為の助成金を利用したマーケティング促進セミナー」を行う。同社の田中次郎氏とライトアップの武田大氏が,中小企業でも受給できる助成金の申請や需給後の活用方法を解説する。参加無料。要申込,定員30人。
https://mtame.jp/seminar/2017/0427.html

◆4月27〜30日,香港で印刷・パッケージング展
 香港国際印刷・包装展Hong Kong International Printing & Packaging Fairが2017年4月27〜30日,香港のアジアワールドエキスポで開催される。
http://ur0.biz/xPhx

◆4月28日,日本出版学会が少女小説をテーマに研究会
 日本出版学会は4月28日,東京・三崎町の日本大学で研究会を開く。明治学院大学非常勤講師の嵯峨景子氏が,「少女小説ジャンルの変遷:コバルト文庫とその読者層を中心に」をテーマに,1960年代から現在までの少女小説の変遷を,人気ジャンルの動向と読者層の変化を軸にして考察する。参加費は一般500円,会員無料。問合せは,出版史研究部会の柴野京子氏にメール(shibano@sophia.ac.jp)。

◆4月28日,ローランド ディー.ジー.がUVプリンタのセミナー
 ローランド ディー.ジー.は4月28日,東京・浜松町の同社でグッズ製作向けUVプリンタ「VersaUV LEFシリーズ」を紹介するセミナーを開く。UVプリンタの仕組みや使い方,印刷できるモノ,印刷のコツ,トレンドビジネスなどを解説する。参加無料。要申込,定員10人。
http://www.rolanddg.jp/cc/event.cgi?code=14908581209

◆5月11日,モリサワがタイプデザインコンペティションのセミナー
 モリサワは5月11日,東京・秋葉原のUDXシアターで「タイプデザインコンペティション 2016」の表彰式と,セミナー「グローバル・タイプデザイン」を催す。セミナーは,各国の書体メーカーが日本語,中国語(簡体字・繁体字),韓国語,欧文それぞれの書体デザインの特長や各社が取組むトピックスについて講演する。定員150人(先着順),参加無料,要事前申込。
https://morisawa.eventcreate.net/event/1474

◆5月11日,文化通信社が書店戦略のフォーラム
 文化通信社は5月11日,東京・神保町の文化産業信用組合でフォーラムを開く。「大垣書店“百年書店”への道:地域で独立系書店を続ける戦略とは」と題し,大垣書店の大垣守弘社長が講演する。参加費5000円。要申込。
https://goo.gl/jnez1v

◆5月11日,日本出版学会が出版法制の研究会
 日本出版学会は5月11日,東京・三軒茶屋の日本大学で研究会を開く。洗足学園音楽大学講師の宮下義樹氏が「図書館の機能と役割に関する一考察」を,日本大学の田上雄大・助教授が「表現の自由と歴史解釈」をテーマに講演する。参加無料。要申込,定員40人。問合せは,日本出版学会の瀧川修吾氏へメール(takigawa.shugo@nihon-u.ac.jp)。

◆5月12日,日本画像学会がペーパーレスのシンポジウム
 日本画像学会は5月12日,ハートピア京都で「ペーパーレスはいつ来るか:ないと不便だが有ると邪魔な紙」と題したシンポジウムを開く。6件の講演とパネルディスカッションがある。参加費は一般1万6000円,会員9000円,学生2000円。要申込。
http://www.isj-imaging.org/event/symposium/symp_2017/2017_symp_kyoto.html

◆5月12日〜7月6日,Tooがアドビ製品の体験会
 Tooは5月12日・6月9日・7月6日,東京・虎ノ門の同社でアドビシステムズ製品を体験するワークショップを行う。IllustratorとPhotoshopの使い方を解説する。各日程の内容は同じ。参加無料。事前予約制,定員8人。
http://www.too.com/event/y2017/adobe_ws17/

◆5月13日,日本出版学会が研究発表会

 日本出版学会は5月13日,東京・三崎町の日本大学で研究発表会を開く。2月28日まで発表者を募集している。また,同発表会と同時開催するワークショップのテーマ案も募集している。応募対象は同学会会員。問合せは,電話03-3313-7347。

◆5月17日,リコージャパンが5S活動のセミナー
 リコージャパンは5月17日,東京・築地の同社でセミナー「そうだったのか!:管理職の為の5S虎の巻」を行う。「5S」を基盤とした人材育成と体質改善のポイントを管理者の視点で紹する。参加無料。定員40人,要申込。
http://www.ricoh.co.jp/event/seminar/17K026.html

◆5月17〜19日,東京ビッグサイトで「教育ITソリューションEXPO」

 教育現場の課題を解決するための製品やツールの展示会「教育ITソリューションEXPO」が5月17〜19日,有明の東京ビッグサイトで開かれる。主催はリードエグジビションジャパン。入場には招待券と名刺2枚が必要。
http://www.edix-expo.jp

◆5月17日・6月16日,エスコグラフィックスがセミナー
 エスコグラフィックスは,6月16日に東京・青海の同社で,5月17日にCIVI新大阪研修センターで,パッケージ製作に関するセミナーを開く。パッケージデザインの3次元化,パッケージ製作ワークフローやプリプレスのデータ加工などのソリューションを紹介する。参加無料。要申込。
http://www.esko.co.jp/seminar/2017-Q2.pdf

◆5月19日,日本印刷学会がフレキソ印刷のセミナー
 日本印刷学会は5月19日,東京・新富の日本印刷会館でフレキソ印刷のセミナーを開く。フレキソ・パッケージの特色管理,サーマルプレート,中国のパッケージ印刷物,軟包装用IJプリンタとグラビア製版システム,などの講演がある。定員60人。参加費は一般10000円,会員7000円。
http://www.jspst.org/event/170519.html

◆5月23日,スターティアラボが助成金利用のセミナー
 スターティアラボは5月23日,東京・西新宿の同社で「営業マンが必ず追ってくれる見込み顧客の作り方:成功の3パターン」をテーマにセミナーを行う。Webサイトへの問い合わせ数を増やす施策を3つのパターンに分けて紹介する。参加無料。要申込,定員30人。
https://mtame.jp/seminar/2017/0523.html

◆5月26・27日,MUD教育検定
 
メディア・ユニバーサル・デザイン協会は,次の日程と場所で「メディア・ユニバーサルデザイン教育検定」を行う。2級は5月26・27日に東京の日本印刷会館で実施,受験料は5万4000円。3級は5月27日に東京の日本印刷会館で実施,受験料は一般1万6200円,学生5400円。
http://www.media-ud.org/assay/

◆5月30日〜6月29日,東京・銀座で「JAGDA新人賞展」

 クリエイションギャラリーG8と日本グラフィックデザイナー協会は5月30日〜6月29日,東京・銀座の同ギャラリーで「JAGDA新人賞展2017:玉置太一・三澤遥・八木義博」を開く。今後の活躍が期待される有望なグラフィックデザイナー(39歳以下)に贈られる同賞を受賞した3氏の作品を紹介する。入場無料。日曜・祝日休館。
http://rcc.recruit.co.jp/g8/exhibition/g8_exh_201705/g8_exh_201705.html

◆5月31日,日本印刷学会がグラビア基礎講座
 日本印刷学会は5月31日,東京・新富の日本印刷会館で「グラビア研究会 第3回グラビア基礎講座:グラビア印刷,基礎からトラブル対処まで」を開く。「グラビア印刷時のフィルムの取り扱いに関する留意点」,「グラビア印刷機の基礎」,「グラビア製版の基礎(仮題)」,「グビア印刷のトラブルシューティング」,「グラビア印刷の品質検査装置の原理から」 の各講演で構成。定員80人。参加費は:日本印刷学会会員,関東グラビア協同組合会員,全国グラビア製版工業会連合会会員5000円,一般8000円。
http://www.jspst.org/event/170531.html

◆5月31日〜6月2日,幕張メッセで「イベント総合EXPO」

 5月31日〜6月2日に千葉の幕張メッセで,イベント業界向けの製品・サービスの展示会「イベント総合EXPO」が開かれる。主催はリードエグジビションジャパン。入場無料。事前登録制。
http://www.eventexpo.jp

◆6月8日・9月13日・11月16日,キーポイントインテリジェンスが各種セミナー
 キーポイントインテリジェンスは東京コンファレンスセンター・品川で,次のテーマでカンファレンスを予定している。6月8日,サプライ(消耗品)市場。9月13日,オフィスドキュメント技術。11月16日,プロダクションデジタル印刷・POD市場。参加費は各89,800円(税抜)。各早期割引がある。
http://www.keypointintelligence.jp/cf/cs/
http://www.keypointintelligence.jp/cf/odt/
http://www.keypointintelligence.jp/podjapan/

◆6月20日,コニカミノルタ科学技術新興財団がシンポジウム
 
コニカミノルタ科学技術新興財団は設立50周年を記念して6月20日,東京の一橋大学でシンポジウムを開く。「ナノ物質光科学の進展」を京都大学の金光義彦教授が,「垂直磁化応用の磁気記録とスピントロニクスメモリ」を東京工業大学の中川茂樹教授が,「細胞検索エンジンによるセレンディピティの計画的創出」を東京大学の合田圭介教授が講演する。参加無料。要申込,定員200人。問合せは,電話03-6250-2120。

◆6月20〜22日,日本画像学会が年次大会

 日本画像学会は6月20〜22日,東京の一橋大学で年次大会「Imaging Conference JAPAN 2017」を開く。口頭またはポスターでの研究発表,講演会,ワークショップ,展示会などがある。 
http://www.isj-imaging.org/event/conference/ICJ2017/ICJ2017_info.html

◆6月22・23日,日本印刷学会が研究発表会
 日本印刷学会は6月22・23日,東京の一橋大学で「広がりゆくプリンティング技術」をテーマに研究発表会を開く。3月17日まで,印刷技術やデジタル印刷,イメージング技術に関するプロセスおよび材料などに関連した研究発表を募集している。問合せは,電話03-3551-1808。

◆6月28〜30日,東京ビッグサイトでコンテンツビジネス総合展
 コンテンツビジネスの展示会「コンテンツ東京」が6月28〜30日,有明の東京ビッグサイトで開かれる。主催はリードエグジビションジャパン。「クリエイターEXPO」「グラフィックデザインEXPO」「コンテンツ配信・管理ソリューション展」など8つの展示会で構成。入場には招待券と名刺2枚が必要。
http://www.content-tokyo.jp

◆7月5〜7日,東京ビッグサイトで「販促ワールド 2017 夏」
 7月5〜7日に有明の東京ビッグサイトで,プロモーション・マーケティングの総合展「販促ワールド 2017 夏」が開かれる。「販促EXPO」「店舗販促EXPO」「営業支援EXPO」「広告宣伝EXPO」の展示会で構成。主催はリードエグジビションジャパン。入場には招待券が必要。
http://www.spex.jp/Home_summer/

◆7月7日,加工技術研究会がフレキシブル・デバイスのセミナー
 加工技術研究会は7月7日,東京・王子の北とぴあでセミナーを開く。「フレキシブル・デバイスの最新動向とRoll to Rollプロセスの上手な活かし方:医療・ウェアラブル・電子デバイスへの応用を目指す」をテーマに,DKNリサーチの沼倉研史氏が講演するほか,ミノグループがプレゼンテーションする。参加費は,一般3万5000円,『コンバーテック』定期購読者・関西コンバーティングものづくり研究会会員・ウェブハンドリング技術研究会会員は3万円。要申込,定員60人。
http://www.ctiweb.co.jp/seminar/rtr2017/

◆7月13・14日,日本画像学会が技術講習会
 日本画像学会は7月13・14日,すずかけ台の東京工業大学で画像技術の講習会を開く。電子写真,インクジェット,用紙,3Dプリンタ,デジタルファブリケーション,デジタル印刷,流体シミュレーション,などについて講義や実習がある。参加費は一般3万8000円,会員2万5000円,学生3000円。要申込,定員250人。問合せは,電話03-3373-9576。

◆7月30日,校正技能検定中級
 日本エディタースクールは7月30日,校正技能検定(中級)の試験を行う。問合せは,同スクール(電話03-3263-5891)。

◆8月21日〜9月5日,「ポスターグランプリ」作品募集
 愛知県・岐阜県・三重県・石川県・富山県印刷工業組合および愛知県印刷協同組合は,将来のグラフィックデザイン業界を担う学生・生徒および一般のデザイナーを対象に「ポスターグランプリ」の作品を募集する。テーマは「with」で,募集期間は8月21日〜9月5日。
http://www.ai-in-ko.or.jp/

◆9月13〜15日,東京ビッグサイトで高機能化・高付加価値化の技術展
 9月13〜15日に有明の東京ビッグサイトで,高機能化・高付加価値化の素材や資機材,加工技術を紹介する展示会「エヌプラス」が開かれる。主催はプラスチック工業技術研究会とアテックス。
http://www.n-plus.biz

◆9月22・23日,池袋で「オーダーグッズビジネスショー」
 印章や服飾プリント,文具,軽印刷などオーダーグッズビジネスの見本市「オーダーグッズビジネスショー」が9月22・23日,東京・池袋のサンシャインシティで開かれる。主催は同展実行委員会。5月19日まで出展の申し込みを受け付けている。
http://ogbs.jp

◆12月7〜9日,東京ビッグサイトで「エコプロ」展
 12月7〜9日に有明の東京ビッグサイトで,「エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展」が開かれる。主催は産業環境管理協会と日本経済新聞社。入場無料。登録制。7月14日まで出展者を募集している。
http://eco-pro.com/eco2017/

◆2018年7月26〜31日,東京ビッグサイトでIGAS
 「IGAS(アイガス,国際総合印刷テクノロジー&ソリューション展)」が2018年7月26〜31日,有明の東京ビッグサイトで開催される。主催は日本印刷産業機械工業会とプリプレス&デジタルプリンティング機材協議会で,2016年10月17日から出展の募集を始めた。同展の入場料は2000円,事前登録の場合は無料。展示場面積は5万1000m2,出展面積は2万4000m2の予定。また,次々回の開催は2022年の予定。問合せは,IGAS事務局(電話03-3434-2656)。